JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
AA1530025043.pdf930.26 kB
titleレーザーパルス繰返し照射によるアルミニウムアブレーション積算力積特性
Author(jpn)鶴田, 久; Wang, Bin; Wang, Zhongyuan; 佐宗, 章弘
Author(eng)Tsuruta, Hisashi; Wang, Bin; Wang, Zhongyuan; Saso, Akihiro
Author Affiliation(jpn)名古屋大学; 名古屋大学; 名古屋大学; 名古屋大学
Author Affiliation(eng)Nagoya University; Nagoya University; Nagoya University; Nagoya University
Issue Date2015-03-27
Publisher宇宙航空研究開発機構(JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
Publication title宇宙航空研究開発機構特別資料: 第6回スペースデブリワークショップ講演資料集
JAXA Special Publication: Proceedings of the 6th Space Debris Workshop
VolumeJAXA-SP-14-013
Start page540
End page541
Publication date2015-03-27
Languagejpn
Abstractレーザーアブレーションは、遠隔でデブリに運動量を与えることが可能である。そのため、デブリへの接近に必要な推進剤低減、デブリとの接触リスク回避、単一のレーザー源で複数のデブリに対応可能といったメリットがある。本研究では、波長約1μm、パルス幅約10nsのパルスレーザーをアルミニウムに対し繰返し照射し、アブレーションにより発生する力積の特性を調査した。発生力積は、μNsレベルの力積解像度を持つねじれ式振り子で計測した。結果として、繰返し照射に伴い積算力積は飽和すること、またレーザーパルスのエネルギー密度が大きいほど高い値に飽和することがわかった。この力積の飽和は、繰返し照射に伴う微小クレーター深化が主な原因と考えられる。このことから実用時は、特定のパルス数照射後、照射場所を切り替えることが有用と言える。
Description会議情報: 第6回スペースデブリワークショップ (2014年12月17-19日. 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター(JAXA)(CAC)), 調布市, 東京
形態: カラー図版あり
Meeting Information: 6th Space Debris Workshop (December 17-19, 2014. Chofu Aerospace Center, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)(CAC)), Chofu, Tokyo, Japan
Physical characteristics: Original contains color illustrations
Document TypeConference Paper
JAXA Category特別資料
NASA Subject CategorySpace Transportation and Safety
ISSN1349-113X
NCIDAA11984031
SHI-NOAA1530025043
Report NoJAXA-SP-14-013
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/547249


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.