JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
titleThe Plan for Investigation of Spacecraft Charging Issue for Space Debris Removal
Other Titleデブリ除去における帯電課題の初期検討
Author(jpn)奥村, 哲平; 大川, 恭志; 壹岐, 賢太郎; 青山, 順一; 河本, 聡美
Author(eng)Okumura, Teppei; Ohkawa, Yasushi; Iki, Kentaro; Aoyama, Junichiro; Kawamoto, Satomi
Author Affiliation(jpn)宇宙航空研究開発機構(JAXA); 宇宙航空研究開発機構(JAXA); 宇宙航空研究開発機構(JAXA); 宇宙航空研究開発機構(JAXA); 宇宙航空研究開発機構(JAXA)
Author Affiliation(eng)Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
Issue Date2015-03-27
PublisherJapan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
宇宙航空研究開発機構(JAXA)
Publication titleJAXA Special Publication: Proceedings of the 6th Space Debris Workshop
宇宙航空研究開発機構特別資料: 第6回スペースデブリワークショップ講演資料集
VolumeJAXA-SP-14-013
Start page556
End page557
Publication date2015-03-27
Languageeng
jpn
Abstract導電性テザーを使用したデブリ除去方式について、宇宙機帯電の観点から衛星システム検討の実施を計画している。衛星システムへの影響について以下の二点を 課題として識別している。||1: ターゲットであるデブリの帯電電位が、除去衛星接触時に衛星システムに与える影響 ||2: 導電性テザー伸展後に発生する誘導起電力による衛星電位の変動が衛星システムに与える影響 ||上記、二つの事項につき今後取り得るアプローチと期待される結果について述べる。
DescriptionMeeting Information: 6th Space Debris Workshop (December 17-19, 2014. Chofu Aerospace Center, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)(CAC)), Chofu, Tokyo, Japan
Physical characteristics: Original contains color illustrations
会議情報: 第6回スペースデブリワークショップ (2014年12月17-19日. 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター(JAXA)(CAC)), 調布市, 東京
形態: カラー図版あり
Document TypeConference Paper
JAXA Category特別資料
NASA Subject CategorySpace Transportation and Safety
ISSN1349-113X
NCIDAA11984031
SHI-NOAA1530025051
Report NoJAXA-SP-14-013
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/547250


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.