JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
titleたんぽぽ捕集パネルに衝突する粒子フラックス予測
Other TitleImpact Frequency Estimate of Micron-sized Meteoroids and Debris on Tanpopo Capture Panels on the ISS
Author(jpn)栗原, 愛美; 東出, 真澄; 高柳, 優; 新井, 和吉; 矢野, 創; 田端, 誠; 長谷川, 直; 山岸, 明彦
Author(eng)Kurihara, Manami; Higashide, Masumi; Takayanagi, Yuu; Arai, Kazuyoshi; Yano, Hajime; Tabata, Makoto; Hasegawa, Sunao; Yamagishi, Akihiko
Author Affiliation(jpn)法政大学; 宇宙航空研究開発機構(JAXA); 法政大学; 法政大学; 宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所(JAXA)(ISAS); 千葉大学; 宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所(JAXA)(ISAS); 東京薬科大学
Author Affiliation(eng)Hosei University; Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Hosei University; Hosei University; Institute of Space and Astronautical Science, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)(ISAS); Chiba University; Institute of Space and Astronautical Science, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)(ISAS); Tokyo University of Pharmacy and Life Sciences
Issue Date2015-03-27
Publisher宇宙航空研究開発機構(JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
Publication title宇宙航空研究開発機構特別資料: 第6回スペースデブリワークショップ講演資料集
JAXA Special Publication: Proceedings of the 6th Space Debris Workshop
VolumeJAXA-SP-14-013
Start page550
End page551
Publication date2015-03-27
Languagejpn
Abstract本研究は,ISS搭載予定の「たんぽぽ」プロジェクトの一環である.きぼう曝露部に設置される捕集パネルへの衝突粒子数と,微小デブリ環境モデルとの整合性を確認することが最終目的である.たんぽぽ捕集パネルに衝突する粒子衝突頻度解析を,デブリ衝突リスク解析ツール「Turandot」を用いて行った.ISSの立体モデルをツール内に作成し,MASTER-2009コードを環境モデルとして適用させた.2015年初頭から1年間の軌道上曝露を考えた結果を下図に示した.縦軸に1年間あたり,1m2あたりの累積衝突頻度を,横軸に衝突粒子の直径を示している.ここで,RAMはISSの進行方向面,JEM-INは与圧部側の面,JEM-OUTはその反対面,SPACEは宇宙に面しており,WAKEはRAMと反対の面である.RAM面に設置した捕集パネルには,直径0.01mm以上の宇宙塵ないし微小デブリが14個以上衝突すると予想された.また,ISASの2段式軽ガス銃を用いて行った,捕集パネル材のキャリブレーション試験についても報告する.
Description会議情報: 第6回スペースデブリワークショップ (2014年12月17-19日. 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター(JAXA)(CAC)), 調布市, 東京
形態: カラー図版あり
Meeting Information: 6th Space Debris Workshop (December 17-19, 2014. Chofu Aerospace Center, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)(CAC)), Chofu, Tokyo, Japan
Physical characteristics: Original contains color illustrations
Document TypeConference Paper
JAXA Category特別資料
NASA Subject CategorySpace Transportation and Safety
ISSN1349-113X
NCIDAA11984031
SHI-NOAA1530025048
Report NoJAXA-SP-14-013
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/547251


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.