JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
title超音速実験機D-SEND#2 開発におけるEFD/CFD 活用と融合技術への期待
Author(jpn)牧野, 好和
Author(eng)Makino, Yoshikazu
Author Affiliation(jpn)宇宙航空研究開発機構航空技術部門(JAXA)
Author Affiliation(eng)Aeronautical Technology Directorate, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
Issue Date2016-10-20
Publisher宇宙航空研究開発機構(JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
Publication title宇宙航空研究開発機構特別資料
JAXA Special Publication
VolumeJAXA-SP-16-002
Start page71
End page90
Publication date2016-10-20
Languagejpn
AbstractJAXA航空技術部門では、将来航空輸送のブレークスルーとしての超音速旅客機の実現を目指して「静かな超音速旅客機」の実現に必要な鍵技術で あるソニックブーム低減設計技術の獲得を目的としたD-SEND プロジェクトを推進しており、2013年8月に無推力実験機D-SEND#2の第 1回飛行試験を、2015年7月に第2回飛行試験を実施したが、第1回飛行試験では飛行途中で空力特性モデルと誘導制御プログラムの不整合により 飛行不良を引起し、第2回飛行試験では成功裏に飛行するも飛行後詳細解析において、実機の空力特性がモデルとは異なっていた可能性が示唆されている。本講演では、CFD 解析と風洞試験を組み合わせて構築したD-SEND#2の空力特性モデルの何が問題であったのかについて紹介し、将来的なデータ融合技術の活用への期待を述べる。
Description会議情報: 第8回EFD/CFD融合ワークショップ (2016年2月9日. 秋葉原コンベンションホール), 千代田区, 東京
形態: カラー図版あり
Meeting Information: The 8th Workshop on Integration of EFD and CFD (Feburary 9, 2016. AKIHABARA Convention Hall), Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
Physical characteristics: Original contains color illustrations
Document TypePresentation
JAXA Category特別資料
ISSN1349-113X
NCIDAA11984031
SHI-NOAA1630023005
Report NoJAXA-SP-16-002
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/575496


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.