JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
title蓄積されたEFD/CFD データの価値と有効活用に関する提言
Author(jpn)上島, 豊
Author(eng)Ueshima, Yutaka
Author Affiliation(jpn)株式会社キャトルアイ・サイエンス
Author Affiliation(eng)Quatre-i Science Co., Ltd.
Issue Date2016-10-20
Publisher宇宙航空研究開発機構(JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
Publication title宇宙航空研究開発機構特別資料
JAXA Special Publication
VolumeJAXA-SP-16-002
Start page49
End page69
Publication date2016-10-20
Languagejpn
Abstract2015年12月現在で、JAXA デジタル/アナログ・ハイブリッド風洞(DAHWIN)には、EFD/CFD データがEFD:61テーマ、約13万計測点、CFD:26テーマ、約1700シミュレーションの結果が格納されています。また、気流条件、姿勢角、空力係数などの重要な情報は、EFD, CFD とも30項目以上がデータベース化されており、多角的にデータを俯瞰することが可能な状態になっています。私の知る限りでは、10数年の蓄積で、素粒子実験の国際共同実験で10万弱の計測データセット、天文観測(例えば、すばる望遠鏡)で数十万の計測データセットがデータベース化、公開されていますが、実験、シミュレーションがほぼ同じ条件で、これだけ大量なデータが、すぐにアクセスでき、比較できる状況で整備されていることは、非常に稀有で、貴重なことだと思います。現在、世間では、ビックデータ解析、データセントリックコンピューティングという言葉が飛び交っていますが、この蓄積されたEFD/CFD データが、サイエンス、工学の分野でも、実際に大きく力を発揮できることを証明する日が近いと思います。本講演では、これら蓄積されたEFD/CFD データの価値と有効活用の可能性に関して、お話をしたいと思います。
Description会議情報: 第8回EFD/CFD融合ワークショップ (2016年2月9日. 秋葉原コンベンションホール), 千代田区, 東京
形態: カラー図版あり
Meeting Information: The 8th Workshop on Integration of EFD and CFD (Feburary 9, 2016. AKIHABARA Convention Hall), Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
Physical characteristics: Original contains color illustrations
Document TypePresentation
JAXA Category特別資料
ISSN1349-113X
NCIDAA11984031
SHI-NOAA1630023004
Report NoJAXA-SP-16-002
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/575497


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.