JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
title海洋におけるデータ同化の現状と将来展望
Author(jpn)石川, 洋一
Author(eng)Ishikawa, Yoichi
Author Affiliation(jpn)海洋研究開発機構(JAMSTEC)
Author Affiliation(eng)Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology (JAMSTEC)
Issue Date2016-10-20
Publisher宇宙航空研究開発機構(JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
Publication title宇宙航空研究開発機構特別資料
JAXA Special Publication
VolumeJAXA-SP-16-002
Start page17
End page29
Publication date2016-10-20
Languagejpn
Abstract観測データと数値モデルを組み合わせるデータ同化手法は、気象予測のための初期値推定として発展してきた。一方、海洋におけるデータ同化は、いわゆる海の天気予報のための初期値推定にも用いているが、特徴的な物理プロセス、観測データの質・量などが気象とは違うことにより、その他の利用にも数多く用いられてきた。本講演では、海洋におけるデータ同化の特徴的な利用として、統合データセットの作成やパラメータ推定などの研究を紹介するとともに、その将来の展望とCFD/EFD 融合に向けた考察を行う。
Description会議情報: 第8回EFD/CFD融合ワークショップ (2016年2月9日. 秋葉原コンベンションホール), 千代田区, 東京
形態: カラー図版あり
Meeting Information: The 8th Workshop on Integration of EFD and CFD (Feburary 9, 2016. AKIHABARA Convention Hall), Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
Physical characteristics: Original contains color illustrations
Document TypePresentation
JAXA Category特別資料
ISSN1349-113X
NCIDAA11984031
SHI-NOAA1630023002
Report NoJAXA-SP-16-002
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/575499


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.