JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
title機械学習を用いたリアルタイム太陽フレア予測
Author(jpn)西塚, 直人; 久保, 勇樹; 杉浦, 孔明; 田, 光江; 亘, 慎一; 石井, 守
Author(eng)Nishizuka, Naoto; Kubo, Yuki; Sugiura, Komei; Den, Mitsue; Watari, Shinichi; Ishii, Mamoru
Author Affiliation(jpn)情報通信研究機構(NICT); 情報通信研究機構(NICT); 情報通信研究機構(NICT); 情報通信研究機構(NICT); 情報通信研究機構(NICT); 情報通信研究機構(NICT)
Author Affiliation(eng)National Institute of Information and Communications Technology (NICT); National Institute of Information and Communications Technology (NICT); National Institute of Information and Communications Technology (NICT); National Institute of Information and Communications Technology (NICT); National Institute of Information and Communications Technology (NICT); National Institute of Information and Communications Technology (NICT)
Issue Date2017-02-15
Publisher宇宙航空研究開発機構(JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
Publication title宇宙航空研究開発機構特別資料: 第13回宇宙環境シンポジウム講演論文集
JAXA Special Publication: Proceedings of the 13th Spacecraft Environment Symposium
VolumeJAXA-SP-16-010
Start page103
End page106
Publication date2017-02-15
Languagejpn
Abstract宇宙天気現象の源は太陽活動であり、太陽フレアのより早く正確な予報は宇宙天気予報にとって重要な課題である。近年、様々な太陽衛星観測によって、太陽表面の詳細なデータがリアルタイムで取得可能になってきた。我々は、これらのデータをもとに黒点磁場の複雑性や彩層発光現象を判別し、機械学習を用いて今後24時間以内に発生する太陽フレアの予測モデルを開発した。本講演では我々の予測モデルの紹介と将来展望について議論する。
Description会議情報: 第13回宇宙環境シンポジウム (2016年11月1日-2日. 情報通信研究機構 本部 国際会議室), 小金井市, 東京
形態: カラー図版あり
Meeting Information: The 13th Spacecraft Environment Symposium (November 1-2, 2016. National Institute of Information and Communications Technology), Koganei, Tokyo, Japan
Physical characteristics: Original contains color illustrations
Document TypeConference Paper
JAXA Category特別資料
NASA Subject CategoryGeophysics
ISSN1349-113X
NCIDAA11984031
SHI-NOAA1630038018
Report NoJAXA-SP-16-010
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/599476


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.