JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
title多様な環境においてデジタル立体地球儀を実現するためのダジック・アースの開発
Other TitleDevelopment of Dagik Earth to utilize digital globe for various purposes
DOIinfo:doi/10.20637/JAXA-RR-16-007/0012
Author(jpn)齊藤, 昭則; 津川, 卓也; 市川, 浩樹; 島田, 卓也
Author(eng)Saito, Akinori; Tsugawa , Takuya; Ichikawa, Hiroki; Shimada, Takuya
Author Affiliation(jpn)京都大学; 情報通信研究機構(NICT); 愛媛大学; CrossHat
Author Affiliation(eng)Kyoto University; National Institute of Information and Communications Technology (NICT); Ehime University; CrossHat
Issue Date2017-03-17
Publisher宇宙航空研究開発機構(JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
Publication title宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 宇宙科学情報解析論文誌: 第6号
JAXA Research and Development Report: Journal of Space Science Informatics Japan: Volume 6
VolumeJAXA-RR-16-007
Start page131
End page144
Publication date2017-03-17
Languagejpn
eng
Abstract球形の立体ディスプレイに地球画像やデータを表示するデジタル立体地球儀は従来の地球儀に比べて表示画像を動的に変更することが可能であり, 科学館での多様な地球惑星科学・宇宙科学データの展示に用いられている. このデジタル立体地球儀を多様な環境で容易に実現するシステム「ダジック・アース」の開発を行った. ダジック・アースの構成機器は, 1) 表示デバイス, 2) PC プロジェクター, 3) 球形スクリーン, 4) コントローラーの4 点である. 球形スクリーンとしては直径8cm のものから直径16m のものまで用いられており, コントローラーはトラックボール, タッチパッド, ワイヤレスマウス, ゲームコントローラーなど多様なものが用いられている. 表示デバイス上で実行されるダジック・アース表示ソフトは, 1)Windows 及びMac 搭載のパソコンで実行ができるダジック・アース表示ソフト「ChikyuKuru Kuru(CKK)」, 2) 多くのデバイス上のウェブブラウザで実行ができる「Dagik earth Onthe Web (DOW)」, 3) タブレット端末iPad で実行ができる「ダジック・アース・アプリ」の3つが開発されており, 多様な表示デバイスでの実行が可能である. いずれの表示ソフトも同一の「ダジック・アース・コンテンツ」ファイルを用いており, 一つのコンテンツを開発することで多くの環境での表示が可能となる. 「ダジック・アース・コンテンツ」ファイルは, 1) 球面画像ファイル2) 説明画像ファイル3) 設定ファイル, の3 種類のファイルからなり, 利用者が独自に作成し表示することも可能である. 従来は限られた科学館のみで使われていたデジタル立体地球儀がダジックアースによって学校での授業や科学イベントなど多様な環境で実施できるシステムが整備された.
Three-dimensional digital globe that uses a spherical screen can display the time series of Earth and planetary science data, and space science data in 3D. The usage of it has been limited in large-scale science museums because the system is complicated, and costs many resources. A digital globe system, Dagik Earth, has been developed to utilize it for various purposes with low cost. Dagik Earth consists of 1) computer 2) PC projector 3) spherical screen, and 4) controller. Various sizes of spherical screens from 8cm to 16m, and various types of controllers, such as track-ball, touch-pad, and game-controllers can be used for Dagik Earth. Three types of digital globe software have been developed. “Chikyu Kuru Kuru (CKK)” is used on PCs with Windows and Mac. “Dagik earth On the Web (DOW)”is executed on Web browsers on various devices.“Dagik Earth Appli” is for iPad tablet device. Using these software, Dagik Earth can be used with various type of computers including tablet PCs and smart phones. All of these three Dagik Earth software use a common set of data and image files. The set of data and image files consist of 1) surface map image files, 2) caption image files, and 3) configuration files. Users of Dagik Earth can create and present their own set of files. Dagik Earth enables to utilize digital globe in classrooms and science exhibition for which the conventional large-scale digital globe cannot be used.
Description形態: カラー図版あり
Physical characteristics: Original contains color illustrations
Keywordsdigital globe; virtual globe; 3D visualization; Earth and planetary science; public outreach
Document TypeTechnical Report
JAXA Category研究開発報告
NASA Subject CategorySocial and Information Sciences (General)
ISSN1349-1113
NCIDAA1192675X
SHI-NOAA1630049012
Report NoJAXA-RR-16-007
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/611808


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.