JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
titleConcept studies of an upper stage monitoring system and a small-sized ADR satellite
Other Titleロケット上段計測システム及び小型デブリ除去衛星の概念検討
Author(jpn)青木, 広太郎; 内田, 岳志; 辻岡, 光俊; 田畑, 哲; 辻田, 大輔; 柴田, 克司; 宮永, 昌史; 星野, 智裕; 河本, 聡美; 青山, 順一
Author(eng)Aoki, Kotaro; Uchida, Takeshi; Tsujioka, Mitsutoshi; Tabata, Tetsu; Tsujita, Daisuke; Shibata, Katsushi; Miyanaga, Masafumi; Hoshino, Tomohiro; Kawamoto, Satomi; Aoyama, Junichi
Author Affiliation(jpn)三菱重工業株式会社; 三菱重工業株式会社; 三菱重工業株式会社; 三菱重工業株式会社; 三菱重工業株式会社; 三菱重工業株式会社; 三菱重工業株式会社; 三菱重工業株式会社; 宇宙航空研究開発機構(JAXA); 宇宙航空研究開発機構(JAXA)
Author Affiliation(eng)Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.; Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.; Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.; Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.; Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.; Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.; Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.; Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.; Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
Issue Date2017-03-27
PublisherJapan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
宇宙航空研究開発機構(JAXA)
Publication titleJAXA Special Publication: Proceedings of the 7th Space Debris Workshop
宇宙航空研究開発機構特別資料: 第7回スペースデブリワークショップ講演資料集
VolumeJAXA-SP-16-011
Start page221
End page229
Publication date2017-03-27
Languageeng
AbstractThis presentation describes the results of concept studies on an upper stage monitoring system which acquires and downlinks data related with the attitude, the rotation rate etc. of an upper stage in orbit around the Earth as space debris. The feasibility of a small-sized ADR satellite, which accesses, captures and deorbits space debris, is also discussed. The conclusion of this report is that Mitsubishi Heavy Industries, L TD(MHI) will make a continuous effort to mitigate space debris, with our technological heritage of designing, manufacturing and operating space systems such as the H2A/H2B launch vehicles, the H-II Transfer Vehicle (HTV), and small-sized satellites.
地球周りのスペースデブリ(以下「デブリ」とする)は年々増加の一途をたどり、特に高度数百kmの低軌道上ではロケット上段など大型のデブリが多数存在している。三菱重工(MHI)は、H2A/H2Bロケット打上げ事業者として、悪化するデブリ環境の改善が必要と考えており、デブリ除去のシステム・関連技術の検討を実施している。デブリ除去実現のためには、デブリへのアプローチや把持等の技術を確立するために、その前提となる軌道上のデブリの正確な姿勢運動の把握が必要である。このため、本報告では、まず、ミッション終了後のH-IIAロケット第2段の姿勢計測システムを検討した。本システムにより、計測データを入手できるだけでなく、地上観測データとの突き合せにより地上観測の精度向上が見込める。また、技術実証と今後の運用・量産を考慮して、低コストで、ある小型のデブリ除去衛星の初期検討を行った。
DescriptionMeeting Information: The 7th Space Debris Workshop (October 18-20, 2016. Chofu Aerospace Center, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)(CAC)), Chofu, Tokyo, Japan
Physical characteristics: Original contains color illustrations
会議情報: 第7回スペースデブリワークショップ (2016年10月18-20日. 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター(JAXA)(CAC)), 調布市, 東京
形態: カラー図版あり
Document TypePresentation
JAXA Category特別資料
NASA Subject CategoryLaunch Vehicles and Launch Operations
ISSN1349-113X
NCIDAA11984031
SHI-NOAA1630052017
Report NoJAXA-SP-16-011
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/613696


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.