JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
titleStatus of debris mitigation framework and the document system in JAXA to encourage compliance with it
Other Titleデブリ規制の動向とJAXA内の文書体系
Author(jpn)加藤, 明
Author(eng)Kato, Akira
Author Affiliation(jpn)宇宙航空研究開発機構(JAXA)
Author Affiliation(eng)Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
Issue Date2017-03-27
PublisherJapan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
宇宙航空研究開発機構(JAXA)
Publication titleJAXA Special Publication: Proceedings of the 7th Space Debris Workshop
宇宙航空研究開発機構特別資料: 第7回スペースデブリワークショップ講演資料集
VolumeJAXA-SP-16-011
Start page169
End page177
Publication date2017-03-27
Languageeng
AbstractHistory of regulatory activities started in 1990’s by various debris mitigation standards in each national space agencies in the world, and followed by international guidelines in 2000’s. In 2010's, the International Standardizing Organization (ISO) and other national regulation may effect on the international trading market. Domestically in Japan, so-called the National Space Act requires the set of debris mitigation activities generally applied in design and operation of launch vehicles and spacecraft. More detailed regulatory requirements will be set in near future. On the other hand, Debris issue has been linked to the space traffic management and the national security. This is because the unfortunate situation triggered by lack of transparency and confidence building may bring about the significant degradation of orbital environment. The first edition of report of the working group of the “UN Long-Term Sustainability of Space Activities”, and “international Code of Conduct for space activities” will force to strengthen these tendency. This presentation introduce these situation. And also introduce document system in JAXA to limit the debris generation and support design and operation work.
デブリの規制は、西暦1990年代にNASAやNASDAなどが機関独自の規格の整備に着手したことから始まり、2000年代にはIADCや国連などの国際的ガイドラインの制定に発展した。2010年代はそれをベースに国際標準化機構(ISO)の規格化が進み、宇宙産業国際市場への影響が大きくなってきている。国内的にも宇宙活動法により人工衛星の開発・運用に際して配慮すべきデブリ対策が示され、今後その詳細が府令によって定められることになる。一方で、デブリ問題は宇宙交通管理あるいは安全保証の問題と強くリンクされつつある。即ち、安全保障の側面からでは合意が得られない軍縮の問題も、衛星の破壊を伴う不穏な行動は、宇宙環境を悪化させる恐れがあると、軌道環境の保全の側面からデブリ問題と共闘することで前進させることができるとの思惑である。2016年6月には国連における「宇宙活動の長期持続性の検討」にて第一段階のガイドライン案が採択され、別途議論されてしも宇宙活動に関する行動規範の作成の動きや、既に採択された透明性及び信頼性醸成処置に関する専門家会合の報告書などが、今後更にデブリ問題とリンクされ、全体に規制が強化されようとする動きがある。以上の動きを紹介するとともに、デブリ対策設計・運用を促進するために、「JAXAスペースデブリ発生防止標準」の要求の解説、規制事項の意義、対応方法、解析ツール等、JAXA及びその契約の相手方のエンジニアに提供する文書及び解析ツールについて紹介する。
DescriptionMeeting Information: The 7th Space Debris Workshop (October 18-20, 2016. Chofu Aerospace Center, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)(CAC)), Chofu, Tokyo, Japan
Physical characteristics: Original contains color illustrations
会議情報: 第7回スペースデブリワークショップ (2016年10月18-20日. 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター(JAXA)(CAC)), 調布市, 東京
形態: カラー図版あり
Document TypePresentation
JAXA Category特別資料
NASA Subject CategorySpace Transportation and Safety
ISSN1349-113X
NCIDAA11984031
SHI-NOAA1630052013
Report NoJAXA-SP-16-011
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/613702


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.