JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
title高エネルギー中性子・ガンマ線からみた太陽粒子加速についての一考察
Author(jpn)村木, 綏; 神谷, 浩紀; 古賀, 清一; 松本, 晴久; 増田, 智; 柴田, 祥一
Author(eng)Muraki, Yasushi; Kamiya, Koki; Koga, Kiyokazu; Matsumoto, Haruhisa; Masuda, Satoshi; Shibata, Shoichi
Author Affiliation(jpn)名古屋大学宇宙地球環境研究所(ISEE); 宇宙航空研究開発機構研究開発部門第一研究ユニット宇宙環境計測グループ(JAXA); 宇宙航空研究開発機構研究開発部門第一研究ユニット宇宙環境計測グループ(JAXA); 宇宙航空研究開発機構研究開発部門第一研究ユニット宇宙環境計測グループ(JAXA); 名古屋大学宇宙地球環境研究所(ISEE); 中部大学
Author Affiliation(eng)Institute for Space-Earth Environmental Research, Nagoya University (ISEE); Research Unit I, Research and Development Directorate, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Research Unit I, Research and Development Directorate, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Research Unit I, Research and Development Directorate, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Institute for Space-Earth Environmental Research, Nagoya University (ISEE); Chubu University
Issue Date2019-01-31
Publisher宇宙航空研究開発機構(JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
Publication title宇宙航空研究開発機構特別資料: 第15回「宇宙環境シンポジウム」講演論文集
JAXA Special Publication: Proceedings of the 15th Spacecraft Environment Symposium
VolumeJAXA-SP-18-009
Start page17
End page25
Publication date2019-01-31
Languagejpn
Abstract2017年9月4日から9月10日にかけて、太陽活動極小期では珍しい大きなフレアが太陽表面で数回発生した。これらのフレアのなかでも9月6日と9月10日に発生したフレアでは高エネルギーガンマ線と中性子の両者が観測された。本講演では観測された高エネルギー粒子発生機構について考察した結果を発表した。これはそのレジュメである。GOES衛星の観測によると、9月6日と9月10日のフレア強度は、それぞれX2.2とX9.3(9月6日)、及びX8.2(9月10日)であった。
Description会議情報: 第15回宇宙環境シンポジウム (2018年10月30日-31日. 東北大学青葉サイエンスホール), 仙台市, 宮城県
形態: カラー図版あり
Physical characteristics: Original contains color illustrations
Document TypeConference Paper
JAXA Category特別資料
NASA Subject CategorySolar Physics
ISSN(online)2433-2232
SHI-NOAA1830019004
Report NoJAXA-SP-18-009
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/908333


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.