JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
title太陽活動下降期における静止軌道MeV電子の長期変動
Author(jpn)小原, 隆博; 松本, 晴久; 古賀, 清一
Author(eng)Obara, Takahiro; Matsumoto, Haruhisa; Koga, Kiyokazu
Author Affiliation(jpn)東北大学; 宇宙航空研究開発機構(JAXA); 宇宙航空研究開発機構(JAXA)
Author Affiliation(eng)Tohoku University; Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
Issue Date2019-01-31
Publisher宇宙航空研究開発機構(JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
Publication title宇宙航空研究開発機構特別資料: 第15回「宇宙環境シンポジウム」講演論文集
JAXA Special Publication: Proceedings of the 15th Spacecraft Environment Symposium
VolumeJAXA-SP-18-009
Start page1
End page4
Publication date2019-01-31
Languagejpn
AbstractJAXA 静止軌道衛星によるMeV電子の観測から, 静止軌道MeV電子の増加は春季においてはtowardセクターで, 秋季ではawayセクターで顕著であった. これは, Russell-McPherron効果として知られている事実と符合する. さらに, 前太陽活動サイクルに於いて, 静止軌道MeV電子フラックスは, 2009年12月に最低値を(ほぼゼロ)を示した. この時, 磁気活動の大きさを示すaa指数は最小値を示した. 以上の2点は, 静止軌道MeV電子増加が, サブストームの発生と強い関係がある事を示している.
Description会議情報: 第15回宇宙環境シンポジウム (2018年10月30日-31日. 東北大学青葉サイエンスホール), 仙台市, 宮城県
形態: カラー図版あり
Physical characteristics: Original contains color illustrations
Document TypeConference Paper
JAXA Category特別資料
NASA Subject CategorySpace Radiation
ISSN(online)2433-2232
SHI-NOAA1830019001
Report NoJAXA-SP-18-009
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/908343


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.