???jsp.layout.header-default.mph-alt???

JAXA Publication series

Search by Category

Research and Development Report (RR)
ISSN 2433-2216(Online)
ISSN 1349-1113( Print )

Results 1-20 of 338.

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
1. 遷音速三次元翼に対するVortex Generator効果 Effect of Vortex Generators on Three-Dimensional Wings in Transonic Flows
(著者名) 小池, 俊輔; 伊藤, 靖; 楠瀬, 一洋; ほか
(Author) Koike, Shunsuke; Ito, Yasushi; Kusunose, Kazuhiro; et al.
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-17-013
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告(Journal Name) JAXA Research and Development Report(巻) JAXA-RR-17-013(ページ) 1-407(刊行年月日) 2018-03-09
(抄録) 本報告書は, 2011年から2015年にかけJAXAで実施した遷音速バフェット抑制のためのVortex Generator (VG)に関する研究結果をまとめたものである. 既報「遷音速二次元翼に対する...
(言語) jpn(資料番号) AA1730025000
2. 圧縮性Euler方程式の有限体積法計算における流れと格子の斜交による影響について A Discussion on the Effect of Computational Mesh Oblique to Stream
(著者名) 相曽, 秀昭
(Author) Aiso, Hideaki
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-17-012
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告(Journal Name) JAXA Research and Development Report(巻) JAXA-RR-17-012(ページ) 1-12(刊行年月日) 2018-03-09
(抄録) CFD計算の大規模化や一般化に伴い直交構造格子が広く利用されるようになっている。その理由としては計算対象の物体や流体現象に適合した格子の作成にかかる費用的・時間的コスト、計算実行時の計算速度における構...
(言語) jpn(資料番号) AA1730024000
3. D-SEND#2の制御系設計 Controller design for D-SEND#2
(著者名) 二宮, 哲次郎; 鈴木, 広一; 川口, 純一郎
(Author) Ninomiya, Tetsujiro; Suzuki, Hirokazu; Kawaguchi, Junichiro
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-17-011
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告(Journal Name) JAXA Research and Development Report(巻) JAXA-RR-17-011(ページ) 1-50(刊行年月日) 2017-02-22
(抄録) D-SENDプロジェクトは, ソニックブームの低減をするための空力設計技術を飛行実証するための飛行実験である. #2では, 有翼機体を高層気球を用いて高度約30kmから分離し, 地上に設置したソニック...
(言語) jpn(資料番号) AA1730020000
4. Guidance Law Based on Real-time Trajectory Prediction for D-SEND#2
(著者名) 鈴木, 広一; 二宮, 哲次郎
(Author) Suzuki, Hirokazu; Ninomiya, Tetsujiro
(内容記述) Physical characteristics: Original contains color illustrations
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-17-010E
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告(Journal Name) JAXA Research and Development Report(巻) JAXA-RR-17-010E(ページ) 1-16(刊行年月日) 2018-02-22
(抄録) A flight experiment using a stratospheric balloon, designated as D-SEND#2, was carried out in 2015. ...
(言語) eng(資料番号) AA1730019000
5. 宇宙科学情報解析論文誌: 第7号 Journal of Space Science Informatics Japan: Volume 7
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-17-009
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告(Journal Name) JAXA Research and Development Report(巻) JAXA-RR-17-009(ページ) 1-62(刊行年月日) 2018-03-09
(言語) jpn(資料番号) AA1730023000
6. 高エネルギー物質研究会: 平成29年度研究成果報告書
(著者名) 松永, 浩貴; 伊里, 友一朗; 勝身, 俊之; ほか
(Author) Matsunaga, Hiroki; Izato, Yuichiro; Katsumi, Toshiyuki; et al.
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-17-008
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告(Journal Name) JAXA Research and Development Report(巻) JAXA-RR-17-008(ページ) 1-78(刊行年月日) 2018-01-10
(言語) jpn(資料番号) AA1730012000
7. 大気球研究報告
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-17-007
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告(Journal Name) JAXA Research and Development Report(巻) JAXA-RR-17-007(ページ) 1-23(刊行年月日) 2018-02-20
(言語) jpn(資料番号) AA1730017000
8. 低ソニックブーム設計概念実証フェーズ2(D-SEND#2)飛行シミュレーションモデル Report on the Flight Simulation Model of Flight Demonstration of Low Sonic Boom Design Concept Phase II (D-SEND#2)
(著者名) 川口, 純一郎; 鈴木, 広一; 二宮, 哲次郎; ほか
(Author) Kawaguchi, Junichiro; Suzuki, Hirokazu; Ninomiya, Tetsujiro; et al.
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-17-006
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告(Journal Name) JAXA Research and Development Report(巻) JAXA-RR-17-006(ページ) 1-165(刊行年月日) 2018-01-22
(抄録) 本稿では低ソニックブーム設計概念実証フェーズ2(D-SEND#2)の誘導制御則の設計ならびに評価に用いるための 6 自由度非線形飛行シミュレーション環境の構築に必要となる各種数学モデルをまとめる. ま...
(言語) jpn(資料番号) AA1730014000
9. スカラー保存則の直交格子有限体積近似における衝撃波面の形成機構について Formation of shock surfaces over Cartesian grids in numerical computation of scalar conservation laws over two-dimensional space
(著者名) 相曽, 秀昭
(Author) Aiso, Hideaki
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-17-005
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告(Journal Name) JAXA Research and Development Report(巻) JAXA-RR-17-005(ページ) 1-9(刊行年月日) 2018-02-22
(抄録) 空間次元が2以上の保存則の解が形成する衝撃波の直交格子による数値計算において、衝撃波面がいずれの格子軸に対しても斜交する場合には格子の方向性の影響で衝撃波に『ギザつき』が生じることが良く知られる。これ...
(言語) jpn(資料番号) AA1730018000
10. モンテカルロ評価における影響パラメタ検出法 Detection of Influential Input Parameters in Monte-Carlo Evaluation
(著者名) 元田, 敏和
(Author) Motoda, Toshikazu
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-17-004
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告(Journal Name) JAXA Research and Development Report(巻) JAXA-RR-17-004(ページ) 1-64(刊行年月日) 2017-10-31
(抄録) モンテカルロ(MC)・シミュレーションは, 入力である多数の不確定パラメタを同時に考慮した非線形システムを直接評価できるため, 飛行前の評価手段として強力なツールである. 通常, MC 評価結果の中に...
(言語) jpn(資料番号) AA1730008000
11. Pressure Gradient Effects on Transition Location over Axisymmetric Bodies at Incidence in Supersonic Flow: Progress Report of JAXA-NASA Joint Research Project on Supersonic Boundary Layer Transition Part 2
(著者名) 徳川, 直子; 上田, 良稲; 石川, 敬掲; ほか
(Author) Tokugawa, Naoko; Ueda, Yoshine; Ishikawa, Hiroaki; et al.
(内容記述) Physical characteristics: Original contains color illustrations
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-17-003E
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告(Journal Name) JAXA Research and Development Report(巻) JAXA-RR-17-003E(ページ) 1-49(刊行年月日) 2017-09-15
(抄録) Boundary layer transition along the leeward symmetry plane of axisymmetric bodies at nonzero angle o...
(言語) eng(資料番号) AA1730005000
12. Pressure Gradient Effects on Mean Flow over Axisymmetric Bodies at Incidence in Supersonic Flow: Progress Report of JAXA-NASA Joint Research Project on Supersonic Boundary Layer Transition Part 1
(著者名) 石川, 敬掲; 徳川, 直子; Li, Fei; ほか
(Author) Ishikawa, Hiroaki; Tokugawa, Naoko; Li, Fei; et al.
(内容記述) Physical characteristics: Original contains color illustrations
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-17-002E
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告(Journal Name) JAXA Research and Development Report(巻) JAXA-RR-17-002E(ページ) 1-40(刊行年月日) 2017-09-15
(抄録) Boundary layer transition along the leeward symmetry plane of axisymmetric bodies at zero and non-ze...
(言語) eng(資料番号) AA1730004000
13. 電動航空機の試験飛行許可取得 Acquisition Procedure of Permission for Electric Aircraft Test Flights
(著者名) 飯島, 朋子; 小林, 宙; 西沢, 啓; ほか
(Author) Iijima, Tomoko; Kobayashi, Hiroshi; Nishizawa, Akira; et al.
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-17-001
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告(Journal Name) JAXA Research and Development Report(巻) JAXA-RR-17-001(ページ) 1-22(刊行年月日) 2017-08-31
(抄録) 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)では、独自に開発した航空機用電動推進システム技術を飛行実証するため、FEATHER(Flight demonstration of ElectricAi...
(言語) jpn(資料番号) AA1730003000
14. チタン合金及びCFRPに種々の表面処理を施した場合の濡れ性と表面形状評価及び接着接合継手強度 Wettability, surface geometry and adhesively-bonded joint strength of various surface treatments on titanium alloys or CFRP
(著者名) 安岡, 哲夫; 竹田, 智; 星, 光; ほか
(Author) Yasuoka, Tetsuo; Takeda, Tomo; Hoshi, Hikaru; et al.
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-16-014 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告(Journal Name) JAXA Research and Development Report(巻) JAXA-RR-16-014(ページ) 1-24(刊行年月日) 2017-02-15
(抄録) 航空宇宙のCFRP一次構造物は基本的にメカニカルファスニングによる継手が用いられている.これを接着接合継手に置き換えることで,さらなる軽量化を達成することができる.特にMetal-CFRP継手について...
(言語) jpn(資料番号) AA1630037000
15. スカラー保存則の保存型差分近似の数値粘性とエントロピー条件適合性 Entropy consistency of difference approximation of scalar conservation laws
(著者名) 相曽, 秀昭
(Author) Aiso, Hideaki
(内容記述) 形態: 図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-16-013 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告(Journal Name) JAXA Research and Development Report(巻) JAXA-RR-16-013(ページ) 1-26(刊行年月日) 2017-03-31
(抄録) スカラー保存則の差分近似について論じる。差分近似の理論的考察の中で近似解の厳密解への収束は主要な部分を占めるものである。ここでは、近似解がスカラー保存則の物理的に妥当な厳密解に収束するための数値粘性係...
(言語) jpn(資料番号) AA1630053000
16. ひさき衛星搭載の極端紫外分光撮像装置(EXCEED)の回折格子の性能評価 Performance evaluation of the grating used in the extreme ultraviolet spectroscope (EXCEED) on the HISAKI satellite
(著者名) 疋田, 伶奈; 吉岡, 和夫; 村上, 豪; ほか
(Author) Hikida, Reina; Yoshioka, Kazuo; Murakami, Go; et al.
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-16-012 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告(Journal Name) JAXA Research and Development Report(巻) JAXA-RR-16-012(ページ) 1-10(刊行年月日) 2017-02-01
(抄録) EXCEED (EXtreme ultraviolet spectrosCope for ExosphEric Dynamics)は, ひさき衛星に搭載され, 地球周回軌道から惑星大気の観測を行ってい...
(言語) jpn(資料番号) AA1630032000
17. ヨウ化セシウムを蒸着したマイクロチャンネルプレートの感度の安定性に関する研究 Stability of CsI-coated Microchannel Plate
(著者名) 桑原, 正輝; 吉岡, 和夫; 村上, 豪; ほか
(Author) Kuwabara, Masaki; Yoshioka, Kazuo; Murakami, Go; et al.
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-16-011 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告(Journal Name) JAXA Research and Development Report(巻) JAXA-RR-16-011(ページ) 1-10(刊行年月日) 2017-02-10
(抄録) 極端紫外光(EUV)による撮像は惑星大気の観測に有効な手段として幅広く行われてきた。マイクロチャンネルプレート(MCP)は極端紫外光検出器として従来から用いられており、入射面に光電物質を蒸着することで...
(言語) jpn(資料番号) AA1630018000
18. MID-INFRARED VARIABILITY OF ACTIVE GALACTIC NUCLEI WITH THE AKARI AND WISE ALL-SKY SURVEYS
(著者名) 松田, 桂子; 堂谷, 忠靖; Gandhi, Poshak; ほか
(Author) Matsuta, Keiko; Dotani, Tadayasu; Gandhi, Poshak; et al.
(内容記述) Physical characteristics: Original contains color illustrations
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-16-010E (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告(Journal Name) JAXA Research and Development Report(巻) JAXA-RR-16-010E(ページ) 1-13(刊行年月日) 2017-02-13
(抄録) We studied mid-infrared (mid-IR) variability of AGN systematically combining two all-sky survey cata...
(言語) eng(資料番号) AA1630016000
19. 火星探査におけるネオン測定に向けた分別膜の性能評価 An experimental study of permeable membrane for Ne isotope measurement aiming for future Mars mission
(著者名) 奥野, 衛; 吉岡, 和夫; 三浦, 弥生; ほか
(Author) Okuno, Mamoru; Yoshioka, Kazuo; Miura, Yayoi N.; et al.
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-16-009 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告(Journal Name) JAXA Research and Development Report(巻) JAXA-RR-16-009(ページ) 1-14(刊行年月日) 2017-03-10
(抄録) We are developing a Ne isotope measurement system with a permeable membrane for a future Mars missio...
(言語) jpn(資料番号) AA1630044000
20. 大気球研究報告
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-16-008 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告(Journal Name) JAXA Research and Development Report(巻) JAXA-RR-16-008(ページ) 1-100(刊行年月日) 2017-03-14
(言語) jpn(資料番号) AA1630045000
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next