JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知

Collection


PDF

DOI LINK

URL LINK

Sort items by

In order

Results/Page

Results 1-19 of 19.

1
1. 月の起源と進化解明を目指すかぐや及び将来月探査 KAGUYA and future lunar exploration aiming for solving lunar origin and evolution
(著者名) 荒井 朋子
(Author) Arai, Tomoko
(文献種別) Conference Paper
(刊行物名) 第29回太陽系科学シンポジウム 平成19年度(Journal Name) 29th Solar System Exploration Symposium 2007(ページ) 50-53(刊行年月日) 2008-03
(言語) jpn(資料番号) AA0063719013
2. 月惑星探査用X線分光計 X-ray spectrometer for lunar and planetary exploration
(著者名) 岡田 達明
(Author) Okada, Tatsuaki
(文献種別) Conference Paper
(刊行物名) 第29回太陽系科学シンポジウム 平成19年度(Journal Name) 29th Solar System Exploration Symposium 2007(ページ) 42-45(刊行年月日) 2008-03
(言語) jpn(資料番号) AA0063719011
3. ペネトレータによる月惑星科学探査の展開 Evolution of lunar and planetary exploration using penetrator
(著者名) 田中 智; 藤村 彰夫; 白石 浩章; ほか
(Author) Tanaka, Satoshi; Fujimura, Akio; Shiraishi, Hiroaki; et al.
(文献種別) Conference Paper
(刊行物名) 第29回太陽系科学シンポジウム 平成19年度(Journal Name) 29th Solar System Exploration Symposium 2007(ページ) 39-41(刊行年月日) 2008-03
(言語) jpn(資料番号) AA0063719010
4. 第29回太陽系科学シンポジウム 平成19年度 29th Solar System Exploration Symposium 2007
(著者名) 宇宙航空研究開発機構
(Author) Japan Aerospace Exploration Agency
(文献種別) Conference Paper
(刊行年月日) 2008-03
(言語) eng(資料番号) AA0063719000
5. Marco PoloカプセルとDASH-2計画 Marco Polo capsule and DASH-2 plan
(著者名) 山田 哲哉; 吉川 真; 川口 淳一郎
(Author) Yamada, Tetsuya; Yoshikawa, Makoto; Kawaguchi, Junichiro
(文献種別) Conference Paper
(刊行物名) 第29回太陽系科学シンポジウム 平成19年度(Journal Name) 29th Solar System Exploration Symposium 2007(ページ) 72-74(刊行年月日) 2008-03
(言語) jpn(資料番号) AA0063719017
6. 分光型非冷却中間赤外カメラを用いた固体惑星探査 Exploration of solid planet using spectral and non-cooling longwave infrared camera
(著者名) 福原 哲哉; 田口 真; 今村 剛; ほか
(Author) Fukuhara, Tetsuya; Taguchi, Makoto; Imamura, Takeshi; et al.
(文献種別) Conference Paper
(刊行物名) 第29回太陽系科学シンポジウム 平成19年度(Journal Name) 29th Solar System Exploration Symposium 2007(ページ) 5-8(刊行年月日) 2008-03
(言語) jpn(資料番号) AA0063719001
7. 惑星探査用可視近赤外域観測装置 Visible and near infrared observation equipment for planetary explorer
(著者名) 安部 正真
(Author) Abe, Masanao
(文献種別) Conference Paper
(刊行物名) 第29回太陽系科学シンポジウム 平成19年度(Journal Name) 29th Solar System Exploration Symposium 2007(ページ) 46-49(刊行年月日) 2008-03
(言語) jpn(資料番号) AA0063719012
8. 月着陸探査機SELENE-2計画 Mission planning of lunar landing explorer SELENE-2
(著者名) 橋本 樹明; 田中 智; 星野 健
(Author) Hashimoto, Tatsuaki; Tanaka, Satoshi; Hoshino, Takeshi
(文献種別) Conference Paper
(刊行物名) 第29回太陽系科学シンポジウム 平成19年度(Journal Name) 29th Solar System Exploration Symposium 2007(ページ) 20-23(刊行年月日) 2008-03
(言語) jpn(資料番号) AA0063719005
9. 惑星物質試料受け入れ設備(キュレーション設備)の現状と今後 Present status and future plan of acceptance facilities (curation facility) of planetary samples
(著者名) 藤村 彰夫; 矢田 達; 田中 智; ほか
(Author) Fujimura, Akio; Yada, Toru; Tanaka, Satoshi; et al.
(文献種別) Conference Paper
(刊行物名) 第29回太陽系科学シンポジウム 平成19年度(Journal Name) 29th Solar System Exploration Symposium 2007(ページ) 54-57(刊行年月日) 2008-03
(言語) jpn(資料番号) AA0063719014
10. 月面の物質探査の水分と衝突花弁状組織について:海水分、アポロ14/16号風化岩と地球の隕石花弁状組織の起源の類似性 On moisture content and impact flake texture in the materials explored on lunar surface: Similarity of origin between seawater, weathered rocks collected by Apollo 14 and 16, and flake texture of meteorites arrived in the Earth
(著者名) 三浦 保範
(Author) Miura, Yasunori
(文献種別) Conference Paper
(刊行物名) 第29回太陽系科学シンポジウム 平成19年度(Journal Name) 29th Solar System Exploration Symposium 2007(ページ) 16-19(刊行年月日) 2008-03
(言語) jpn(資料番号) AA0063719004
11. 軽量・大口径の宇宙用ダスト/デブリ望遠鏡の開発 Development of light-weight and large aperture telescope for observing cosmic dusts and space debris
(著者名) 平井 隆之; 大橋 英雄; 佐々木 晶; ほか
(Author) Hirai, Takayuki; Ohashi, Hideo; Sasaki, Sho; et al.
(文献種別) Conference Paper
(刊行物名) 第29回太陽系科学シンポジウム 平成19年度(Journal Name) 29th Solar System Exploration Symposium 2007(ページ) 12-15(刊行年月日) 2008-03
(言語) jpn(資料番号) AA0063719003
12. はやぶさ2探査ターゲット天体1999JU3の観測 Observation of celestial body 1999JU3 as a exploration target of Hayabusa 2
(著者名) 川上 恭子; 安部 正真; 長谷川 直; ほか
(Author) Kawakami, Kyoko; Abe, Masanao; Hasegawa, Sunao; et al.
(文献種別) Conference Paper
(刊行物名) 第29回太陽系科学シンポジウム 平成19年度(Journal Name) 29th Solar System Exploration Symposium 2007(ページ) 75-78(刊行年月日) 2008-03
(言語) jpn(資料番号) AA0063719018
13. BepiColombo/MMO搭載用ナトリウム大気光カメラMSASIの開発 Development of Mercury sodium atmosphere spectral imager MSASI onboard BepiColombo/MMO
(著者名) 亀田 真吾; 江沢 福紘; 村上 豪; ほか
(Author) Kameda, Shingo; Ezawa, Fukuhiro; Murakami, Go; et al.
(文献種別) Conference Paper
(刊行物名) 第29回太陽系科学シンポジウム 平成19年度(Journal Name) 29th Solar System Exploration Symposium 2007(ページ) 9-11(刊行年月日) 2008-03
(言語) jpn(資料番号) AA0063719002
14. 惑星探査用サウンダーシステムの検討 Study on sounder system for planetary exploration
(著者名) 熊本 篤志; 小野 高幸; 笠羽 康正; ほか
(Author) Kumamoto, Atsushi; Ono, Takayuki; Kasaba, Yasumasa; et al.
(文献種別) Conference Paper
(刊行物名) 第29回太陽系科学シンポジウム 平成19年度(Journal Name) 29th Solar System Exploration Symposium 2007(ページ) 31-34(刊行年月日) 2008-03
(抄録) Concepts studies of new sounder system for the planetary exploration have been performed based on KA...
(言語) jpn(資料番号) AA0063719008
15. はやぶさ後継に向けた試料採取技術の改良および新規開発 Improvement and new development of material sampling techniques for succession to Hayabusa
(著者名) 松永 三郎; 野口 高明; 矢野 創; ほか
(Author) Matsunaga, Saburo; Noguchi, Takaaki; Yano, Hajime; et al.
(文献種別) Conference Paper
(刊行物名) 第29回太陽系科学シンポジウム 平成19年度(Journal Name) 29th Solar System Exploration Symposium 2007(ページ) 64-67(刊行年月日) 2008-03
(言語) jpn(資料番号) AA0063719016
16. 月軟着陸機搭載用広帯域地震計の開発 Development of broadband seismometer onboard lunar landing module
(著者名) 白石 浩章; 山田 竜平; 田中 智; ほか
(Author) Shiraishi, Hiroaki; Yamada, Ryuhei; Tanaka, Satoshi; et al.
(文献種別) Conference Paper
(刊行物名) 第29回太陽系科学シンポジウム 平成19年度(Journal Name) 29th Solar System Exploration Symposium 2007(ページ) 35-38(刊行年月日) 2008-03
(言語) jpn(資料番号) AA0063719009
17. Studies on Doppler and differential VLBI techniques using two sub-satellites OKINA and OUNA of KAGUYA (SELENE) Studies on Doppler and differential VLBI techniques using two sub-satellites OKINA and OUNA of KAGUYA (SELENE)
(著者名) Liu, Qinghui; 菊池 冬彦; 松本 晃治; ほか
(Author) Liu, Qinghui; Kikuchi, Fuyuhiko; Matsumoto, Koji; et al.
(文献種別) Conference Paper
(刊行物名) 第29回太陽系科学シンポジウム 平成19年度(Journal Name) 29th Solar System Exploration Symposium 2007(ページ) 24-26(刊行年月日) 2008-03
(言語) eng(資料番号) AA0063719006
18. プログラム探査としての小天体探査 Asteroid exploration as a programmed exploration
(著者名) 吉川 真; 小天体探査ワーキンググループ; はやぶさ2プロジェクト準備チーム
(Author) Yoshikawa, Makoto; Minor-body Exploration Working Group; Hayabusa-2 Pre-project Team
(文献種別) Conference Paper
(刊行物名) 第29回太陽系科学シンポジウム 平成19年度(Journal Name) 29th Solar System Exploration Symposium 2007(ページ) 58-61(刊行年月日) 2008-03
(抄録) 小惑星サンプルリターンミッション「はやぶさ(MUSES-C: Asteroid Sample-return Spacecraft)」の後継となるミッションの検討を進めている。太陽系の小天体は、その数は...
(言語) jpn(資料番号) AA0063719015
19. かぐやの4wayドップラー計測のロック判定方法と軌道上での検証 Judging method of lock in four-way Doppler measurement of KAGUYA and its verification on orbit
(著者名) 浅利 一善; 野田 寛大; 並木 則行; ほか
(Author) Asari, Kazuyoshi; Noda, Hirotomo; Namiki, Noriyuki; et al.
(文献種別) Conference Paper
(刊行物名) 第29回太陽系科学シンポジウム 平成19年度(Journal Name) 29th Solar System Exploration Symposium 2007(ページ) 27-30(刊行年月日) 2008-03
(抄録) 2007年9月14日に打上げられた日本初の月探査衛星は、高度約100kmの円軌道に投入された周回衛星(主衛星)「かぐや(SELENE: SELenological and ENgineering Ex...
(言語) jpn(資料番号) AA0063719007
1