JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知

Collection



PDF

DOI LINK

URL LINK

Sort items by

In order

Results/Page

Parent SHI-NO

AA0062089000

Results 1-4 of 4.

1
1. 熱分析測定における熱解離モデル Thermal dissociation model for thermal analysis
(著者名) 藤里, 公司; 羽生, 宏人; 三宅, 淳巳; ほか
(Author) Fujisato, Koji; Habu, Hiroto; Miyake, Atsumi; et al.
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-13-009 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 高エネルギー物質研究会: 平成25年度研究成果報告書(Journal Name) JAXA Research and Development Report: Collaborative Research Activity on Energetic Materials Research Report FY2013(巻) JAXA-RR-13-009(ページ) 1-11(刊行年月日) 2014-03-31
(抄録) 本研究では硝酸アンモニウム(AN)を例にとり、熱分析における熱解離現象のモデル化を行った。熱解離ガス流束をサンプルセル内1次元一方拡散モデルを用いて計算することでAN の高圧TG-DTA による熱分析...
(言語) jpn(資料番号) AA0062089001
2. 高性能酸化剤アンモニウムジニトラミドの凝縮相分解反応解析 Decomposition of the high-performance oxidizer ammonium dinitramide in condensed phase
(著者名) 松永, 浩貴; 羽生, 宏人; 三宅, 淳巳
(Author) Matsunaga, Hiroki; Habu, Hiroto; Miyake, Atsumi
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-13-009 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 高エネルギー物質研究会: 平成25年度研究成果報告書(Journal Name) JAXA Research and Development Report: Collaborative Research Activity on Energetic Materials Research Report FY2013(巻) JAXA-RR-13-009(ページ) 13-22(刊行年月日) 2014-03-31
(抄録) アンモニウムジニトラミド(ADN)は,高酸素バランス,高エネルギー,ハロゲンフリーであることから,固体ロケット推進薬の新しい高性能酸化剤として実用が期待されている物質である.固体ロケット推進薬での実用...
(言語) jpn(資料番号) AA0062089002
3. ポリマーを含有した硝酸アンモニウム/硝酸カリウム微粒子の相安定性および熱分解特性 Crystal structure transformation and thermal decomposition behavior of ammonium nitrate/potassium nitrate particles containing polymers
(著者名) 永山, 清一郎; 加藤, 勝美; 東, 英子; ほか
(Author) Nagayama, Seiichiro; Katoh, Katsumi; Higashi, Eiko; et al.
(内容記述) 形態: 図版あり
(文献種別) Research Paper (レポート番号) JAXA-RR-13-009 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 高エネルギー物質研究会: 平成25年度研究成果報告書(Journal Name) JAXA Research and Development Report: Collaborative Research Activity on Energetic Materials Research Report FY2013(巻) JAXA-RR-13-009(ページ) 23-30(刊行年月日) 2014-03-31
(抄録) 硝酸アンモニウム(AN)は吸湿性を有し,室温近傍においても体積変化を伴う固相間相転移が起こるなど工業利用における課題を有する。我々の既往の研究では,これらの問題を解決するため,AN,相安定化剤である硝...
(言語) jpn(資料番号) AA0062089003
4. ADN/AN の燃焼速度特性 Burning rate characteristics of ADN/AN
(著者名) 松本, 幸太郎; 高橋, 賢一; 桑原, 卓雄; ほか
(Author) Matsumoto, Koutarou; Takahashi, Kenichi; Kuwahara, Takuo; et al.
(内容記述) 形態: 図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-13-009 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 高エネルギー物質研究会: 平成25年度研究成果報告書(Journal Name) JAXA Research and Development Report: Collaborative Research Activity on Energetic Materials Research Report FY2013(巻) JAXA-RR-13-009(ページ) 31-35(刊行年月日) 2014-03-31
(抄録) 本研究ではアンモニウムジニトラミド(ADN)に硝酸アンモニウム(AN)を混合することで,ADN/AN のAN 混合量に対する燃焼速度特性を調べた. その結果,AND/AN の燃焼速度はAN 混合量に比...
(言語) jpn(資料番号) AA0062089004
1