JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知

Collection



PDF

DOI LINK

URL LINK

Sort items by

In order

Results/Page

Parent SHI-NO

AA0062302000

Results 1-10 of 17.

1 2 next
1. 科学におけるグラフィックデザインの役割: 宇宙から細胞まで Role of the Graphic Design in Science: From Space to Cells
(著者名) 佐藤, 暁子
(Author) Sato, Akiko
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-13-010 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 宇宙科学情報解析論文誌: 第3号(Journal Name) JAXA Research and development report: Journal of Space Science Informatics Japan: Volume 3(巻) JAXA-RR-13-010(ページ) 1-6(刊行年月日) 2014-03-31
(抄録) 研究を発展させるためには, できるだけ多くの人々にその内容を理解してもらうこと, あるいは, それ以前に研究に興味を持ってもらうことが必要である. 人に強い印象を与えられるものは, 言葉ではなくまずビ...
(言語) jpn(資料番号) AA0062302001
2. 科学研究用クラウドシステム(NICTサイエンスクラウド)の提案 The NICT Science Cloud: A Proposal of Cloud System for Scientific Researches
(著者名) 村田, 健史; 渡邉, 英伸; 鵜川, 健太郎; ほか
(Author) Murata, Ken T.; Watanabe, Hidenobu; Ukawa, Kentaro; et al.
(内容記述) 著者人数: 23名
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-13-010 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 宇宙科学情報解析論文誌: 第3号(Journal Name) JAXA Research and development report: Journal of Space Science Informatics Japan: Volume 3(巻) JAXA-RR-13-010(ページ) 39-56(刊行年月日) 2014-03-31
(抄録) データ指向型科学は,実験科学,理論科学,数値シミュレーション科学に続く第4 の科学研究パラダイムと言われている.サイエンスクラウドは,データ指向型科学の基盤環境として期待されているが,現在,サイエンス...
(言語) jpn(資料番号) AA0062302006
3. 月惑星探査研究拠点間連携によるデータセンター構想 Concept of Data Center supported by a consortium of Lunar and Planetary Exploration Bases
(著者名) 出村, 裕英
(Author) Demura, Hirohide
(内容記述) 形態: 図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-13-010 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 宇宙科学情報解析論文誌: 第3号(Journal Name) JAXA Research and development report: Journal of Space Science Informatics Japan: Volume 3(巻) JAXA-RR-13-010(ページ) 33-38(刊行年月日) 2014-03-31
(抄録) JAXA と大学等外部機関とが連携して、大学等研究者コミュニティ側にもデータセンターを設置する意義を述べる。本稿では、特に月惑星探査データセンターに関する会津大学の取り組みと、コンソーシアムを形成しつ...
(言語) jpn(資料番号) AA0062302005
4. CALETの運用及びデータ解析・管理システムの概要 Data Analysis and Handling for CALET
(著者名) 赤池, 陽水; 浅岡, 陽一; 上野, 史郎; ほか
(Author) Akaike, Yosui; Asaoka, Yoichi; Ueno, Shiro; et al.
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-13-010 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 宇宙科学情報解析論文誌: 第3号(Journal Name) JAXA Research and development report: Journal of Space Science Informatics Japan: Volume 3(巻) JAXA-RR-13-010(ページ) 99-107(刊行年月日) 2014-03-31
(抄録) CALorimetric Electron Telescope (CALET) は国際宇宙ステーションの「きぼう」に搭載予定の宇宙線観測装置で、2014年から5 年間の観測を実施予定である。CALET...
(言語) jpn(資料番号) AA0062302011
5. はやぶさの小惑星イトカワ探査軌道・姿勢の可視化 Visualization of Trajectories and attitudes of Hayabusa probing Itokawa
(著者名) 三浦, 昭; 山本, 幸生; 吉川, 真
(Author) Miura, Akira; Yamamoto, Yukio; Yoshikawa, Makoto
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-13-010 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 宇宙科学情報解析論文誌: 第3号(Journal Name) JAXA Research and development report: Journal of Space Science Informatics Japan: Volume 3(巻) JAXA-RR-13-010(ページ) 7-15(刊行年月日) 2014-03-31
(抄録) 筆者らは、探査機「はやぶさ」のイトカワ周辺における探査軌道及び姿勢の可視化について幾つかの手法を開発し、映像化への応用を試みた。筆者らはまず公開データに基づいて「はやぶさ」の位置・姿勢を再現した。続い...
(言語) jpn(資料番号) AA0062302002
6. 波形の類似性を考慮した大規模月地震データのSOM による可視化システム A system for visualizing large-scale moonquake data considering waveform similarity using SOM
(著者名) 後藤, 康路; 山田, 竜平; 山本, 幸生; ほか
(Author) Goto, Yasumichi; Yamada, Ryuhei; Yamamoto, Yukio; et al.
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-13-010 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 宇宙科学情報解析論文誌: 第3号(Journal Name) JAXA Research and development report: Journal of Space Science Informatics Japan: Volume 3(巻) JAXA-RR-13-010(ページ) 137-146(刊行年月日) 2014-03-31
(抄録) 1969 年から1977 年の7 年半の間,NASA のアポロミッションにおいて,月面に設置された地震計を用いた連続観測により,膨大な量の月地震データが取得された.これまでの月地震データの解析より,深...
(言語) jpn(資料番号) AA0062302015
7. NICTサイエンスクラウドによる大規模シミュレーションデータ分散可視化処理 High Performance Visualization Processing of Large-Scale Computer Simulation Data via NICT Science Cloud
(著者名) 村田, 健史; 磯田, 総子; 渡邉, 英伸; ほか
(Author) Murata, Ken T.; Isoda, Fusako; Watanabe, Hidenobu; et al.
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-13-010 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 宇宙科学情報解析論文誌: 第3号(Journal Name) JAXA Research and development report: Journal of Space Science Informatics Japan: Volume 3(巻) JAXA-RR-13-010(ページ) 57-70(刊行年月日) 2014-03-31
(抄録) 現在,欧米や日本において,科学研究向けクラウドとしてサイエンスクラウドが提案され,システムや利活用についての議論が進められている.サイエンスクラウドはビッグデータ時代のデータ指向型科学研究基盤として提...
(言語) jpn(資料番号) AA0062302007
8. 地球磁気圏3次元グローバルMHD シミュレーションの磁力線追尾可視化技術 Visualization technique using a system of Magnetic Field Tracing in Global MHD simulations
(著者名) 久保田, 康文; 村田, 健史; 山本, 和憲; ほか
(Author) Kubota, Yasubumi; Murata, Ken T.; Yamamoto, Kazunori; et al.
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-13-010 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 宇宙科学情報解析論文誌: 第3号(Journal Name) JAXA Research and development report: Journal of Space Science Informatics Japan: Volume 3(巻) JAXA-RR-13-010(ページ) 129-135(刊行年月日) 2014-03-31
(抄録) 地球磁気圏と太陽風の相互作用を理解するため, 3 次元グローバルMHD シミュレーションを用いて研究が行われてきた. MHD シミュレーションデータを可視化する際に, 磁力線の可視化は物理を理解する上...
(言語) jpn(資料番号) AA0062302014
9. 小型望遠鏡を用いた突発天体の自動広視野サーベイ Automated Wide-field Survey for Transient Objects with a Small Telescope
(著者名) 前原, 裕之
(Author) Maehara, Hiroyuki
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-13-010 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 宇宙科学情報解析論文誌: 第3号(Journal Name) JAXA Research and development report: Journal of Space Science Informatics Japan: Volume 3(巻) JAXA-RR-13-010(ページ) 119-127(刊行年月日) 2014-03-31
(抄録) 明るい突発天体および変光星の探査を目的として, 可視光で広い視野を自動的にサーベイするシステムを小型のCCDカメラと写真レンズを用いて開発したので, その概要を報告する. 本システムは5 deg×7....
(言語) jpn(資料番号) AA0062302013
10. 超高層物理学分野のメタデータ・データベースへの連想検索の適用 Application of associative search to the metadata database of the upper atmosphere
(著者名) 小山, 幸伸; 阿部, 修司; 八木, 学; ほか
(Author) Koyama, Yukinobu; Abe, Shuji; Yagi, Manabu; et al.
(内容記述) 著者人数: 12名
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-13-010 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 宇宙科学情報解析論文誌: 第3号(Journal Name) JAXA Research and development report: Journal of Space Science Informatics Japan: Volume 3(巻) JAXA-RR-13-010(ページ) 89-97(刊行年月日) 2014-03-31
(抄録) 超高層大気に於ける地球規模の物理現象の機構を解明する為には,様々なデータを用いた分野横断的な研究推進が重要である.インターネット上の様々なデータを直ちに取得する為の基盤が,分野横断的な研究の1つの鍵と...
(言語) jpn(資料番号) AA0062302010
1 2 next