JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知

Collection



PDF

DOI LINK

URL LINK

Sort items by

In order

Results/Page

Parent SHI-NO

AA0062322000

Results 1-20 of 37.

1 2 next
1. 宇宙利用の長期持続性と宇宙空間平和利用委員会の役割 Long Term Sustainability of Outer Space and Role of UNCOPUOS
(著者名) 堀川, 康
(Author) Horikawa, Yasushi
(内容記述) 会議情報: 第5回スペースデブリワークショップ (2013年1月22-23日. 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター), 調布市, 東京
(文献種別) Conference Paper (レポート番号) JAXA-SP-13-018 (ISSN) 1349-113X
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構特別資料: 第5回スペースデブリワークショップ講演資料集(Journal Name) JAXA Special Publication: Proceedings of the 5th Space Debris Workshop(巻) JAXA-SP-13-018(ページ) 1-17(刊行年月日) 2014-03-31
(抄録) Space science and technology and their applications, such as satellite communications, Earth observa...
(言語) eng(資料番号) AA0062322001
2. 宇宙航空研究開発機構のスペースデブリ関連活動について Overview of JAXA's Space Debris related Activities
(著者名) 伊東, 康之
(Author) Ito, Yasuyuki
(内容記述) 会議情報: 第5回スペースデブリワークショップ (2013年1月22-23日. 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター), 調布市, 東京
(文献種別) Conference Paper (レポート番号) JAXA-SP-13-018 (ISSN) 1349-113X
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構特別資料: 第5回スペースデブリワークショップ講演資料集(Journal Name) JAXA Special Publication: Proceedings of the 5th Space Debris Workshop(巻) JAXA-SP-13-018(ページ) 18-31(刊行年月日) 2014-03-31
(抄録) スペースデブリは宇宙開発利用活動を行うすべての国、機関にとってリスクとなっており、ミッションの成功を保証するために努力が必要である。一例として、高度1000km を周回する断面積1m2 の衛星には1m...
(言語) eng(資料番号) AA0062322002
3. The Long-Term Stability of the LEO Debris Population and the Challenges for Environment Remediation
(著者名) Liou, J. C.
(Author) Liou, J. C.
(内容記述) 会議情報: 第5回スペースデブリワークショップ (2013年1月22-23日. 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター), 調布市, 東京
(文献種別) Conference Paper (レポート番号) JAXA-SP-13-018 (ISSN) 1349-113X
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構特別資料: 第5回スペースデブリワークショップ講演資料集(Journal Name) JAXA Special Publication: Proceedings of the 5th Space Debris Workshop(巻) JAXA-SP-13-018(ページ) 32-46(刊行年月日) 2014-03-31
(抄録) The near-Earth space environment has been gradually polluted with orbital debris (OD) since the begi...
(言語) eng(資料番号) AA0062322003
4. Active Debris Removal activities in CNES
(著者名) Bonnal, Christophe
(Author) Bonnal, Christophe
(内容記述) 会議情報: 第5回スペースデブリワークショップ (2013年1月22-23日. 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター), 調布市, 東京
(文献種別) Conference Paper (レポート番号) JAXA-SP-13-018 (ISSN) 1349-113X
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構特別資料: 第5回スペースデブリワークショップ講演資料集(Journal Name) JAXA Special Publication: Proceedings of the 5th Space Debris Workshop(巻) JAXA-SP-13-018(ページ) 47-59(刊行年月日) 2014-03-31
(抄録) A vast majority of studies led at international level, mainly in the frame of IADC, has shown that t...
(言語) eng(資料番号) AA0062322004
5. 世界のデブリ管理状況とJAXA の対応 Global Debris Mitigation Control and Corresponding Activities in JAXA
(著者名) 加藤, 明
(Author) Kato, Akira
(内容記述) 会議情報: 第5回スペースデブリワークショップ (2013年1月22-23日. 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター), 調布市, 東京
(文献種別) Conference Paper (レポート番号) JAXA-SP-13-018 (ISSN) 1349-113X
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構特別資料: 第5回スペースデブリワークショップ講演資料集(Journal Name) JAXA Special Publication: Proceedings of the 5th Space Debris Workshop(巻) JAXA-SP-13-018(ページ) 63-74(刊行年月日) 2014-03-31
(抄録) デブリの発生防止管理は、国連やIADC が推奨するガイドライン、国際標準化機構が進めている一連の規格類、並びに宇宙先進国政府あるいは公的機関が発行する標準書等にて進められている。 これらで規制されてい...
(言語) eng(資料番号) AA0062322005
6. JAXA におけるデブリ除去の研究状況 Current status of studies on active debris removal at JAXA
(著者名) 河本, 聡美; 大川, 恭志; 片山, 保宏; ほか
(Author) Kawamoto, Satomi; Ohkawa, Yasushi; Katayama, Yasuhiro; et al.
(内容記述) 会議情報: 第5回スペースデブリワークショップ (2013年1月22-23日. 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター), 調布市, 東京
(文献種別) Conference Paper (レポート番号) JAXA-SP-13-018 (ISSN) 1349-113X
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構特別資料: 第5回スペースデブリワークショップ講演資料集(Journal Name) JAXA Special Publication: Proceedings of the 5th Space Debris Workshop(巻) JAXA-SP-13-018(ページ) 75-83(刊行年月日) 2014-03-31
(抄録) スペースデブリは近年急増しており、混雑軌道では今すでに軌道上にあるデブリ同士の衝突により数が増加していく自己増殖が開始していると考えられている。その場合、これから打ち上げる宇宙機のデブリ発生低減対策だ...
(言語) eng(資料番号) AA0062322006
7. スペースデブリ除去を実施する上での宇宙諸条約上の制約と解決策のための予備的検討 Some constraints of international space law on the conduct of active debris removal and preliminary studies to searching for a solution
(著者名) 岸人, 弘幸
(Author) Kishindo, Hiroyuki
(内容記述) 会議情報: 第5回スペースデブリワークショップ (2013年1月22-23日. 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター), 調布市, 東京
(文献種別) Conference Paper (レポート番号) JAXA-SP-13-018 (ISSN) 1349-113X
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構特別資料: 第5回スペースデブリワークショップ講演資料集(Journal Name) JAXA Special Publication: Proceedings of the 5th Space Debris Workshop(巻) JAXA-SP-13-018(ページ) 84-93(刊行年月日) 2014-03-31
(抄録) 宇宙空間におけるデブリの増加に伴い、デブリ発生の低減だけでなく除去の必要性が国際的に議論され始めている。JAXA においても、伝導性テザーを利用したデブリ除去の軌道上実証を検討している。そこで、まず初...
(言語) jpn(資料番号) AA0062322007
8. デブリ除去プロジェクト立上げとビジネスへの展開 Promoting the Active Debris Removal Project on Business
(著者名) 峰, 正弥
(Author) Mine, Masaya
(内容記述) 会議情報: 第5回スペースデブリワークショップ (2013年1月22-23日. 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター), 調布市, 東京
(文献種別) Conference Paper (レポート番号) JAXA-SP-13-018 (ISSN) 1349-113X
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構特別資料: 第5回スペースデブリワークショップ講演資料集(Journal Name) JAXA Special Publication: Proceedings of the 5th Space Debris Workshop(巻) JAXA-SP-13-018(ページ) 94-104(刊行年月日) 2014-03-31
(抄録) 現在、宇宙環境は、新たに衛星を打上げなくても、軌道上に存在するデブリのみでデブリ増殖される状態となっている。一方、人類は、宇宙からの観測、通信、測位等々、宇宙環境を利用することで豊かな生活を送ることに...
(言語) eng(資料番号) AA0062322008
9. デブリ推移モデルによる将来予測 Prediction of Orbital Debris Population with an Orbital Debris Evolutionary Model
(著者名) 有吉, 雄哉; 花田, 俊也; 河本, 聡美
(Author) Ariyoshi, Yuya; Hanada, Toshiya; Kawamoto, Satomi
(内容記述) 会議情報: 第5回スペースデブリワークショップ (2013年1月22-23日. 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター), 調布市, 東京
(文献種別) Conference Paper (レポート番号) JAXA-SP-13-018 (ISSN) 1349-113X
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構特別資料: 第5回スペースデブリワークショップ講演資料集(Journal Name) JAXA Special Publication: Proceedings of the 5th Space Debris Workshop(巻) JAXA-SP-13-018(ページ) 105-112(刊行年月日) 2014-03-31
(抄録) 宇宙航空研究開発機構と九州大学は,デブリ推移モデルの開発・維持と推移モデルを用いたデブリ分布の予測を行っている.このデブリ推移モデルは10 cm 以上の軌道上物体の軌道伝播と衝突率の計算・判定により将...
(言語) eng(資料番号) AA0062322009
10. 非協力的ターゲットへの接近ストラテジ Approach Strategy to a Non-Cooperative Target
(著者名) 山元, 透; 村上, 尚美; 山中, 浩二
(Author) Yamamoto, Toru; Murakami, Naomi; Yamanaka, Koji
(内容記述) 会議情報: 第5回スペースデブリワークショップ (2013年1月22-23日. 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター), 調布市, 東京
(文献種別) Conference Paper (レポート番号) JAXA-SP-13-018 (ISSN) 1349-113X
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構特別資料: 第5回スペースデブリワークショップ講演資料集(Journal Name) JAXA Special Publication: Proceedings of the 5th Space Debris Workshop(巻) JAXA-SP-13-018(ページ) 113-127(刊行年月日) 2014-03-31
(抄録) デブリの積極的除去のために、接近し何らかの推進系を取り付ける必要がある。デブリのような非協力的ターゲットへの接近には、ISS のような協力的ターゲットと比較して、事前の軌道情報(NORAD TLE)の...
(言語) eng(資料番号) AA0062322010
11. デブリ除去における画像計測と運動推定の検討 Vision-based Measurement and Motion Estimation for Space Debris Removal
(著者名) 片山, 保宏; 上村, 平八郎; 西田, 信一郎; ほか
(Author) Katayama, Yasuhiro; Kamimura, Heihachiro; Nishida, Shinichiro; et al.
(内容記述) 会議情報: 第5回スペースデブリワークショップ (2013年1月22-23日. 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター), 調布市, 東京
(文献種別) Conference Paper (レポート番号) JAXA-SP-13-018 (ISSN) 1349-113X
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構特別資料: 第5回スペースデブリワークショップ講演資料集(Journal Name) JAXA Special Publication: Proceedings of the 5th Space Debris Workshop(巻) JAXA-SP-13-018(ページ) 128-138(刊行年月日) 2014-03-31
(抄録) デブリ衛星の除去には、対象物に自律的に接近し、軌道から除去するための機構を取付けるアプローチが有効である。この接近、及び作業において、非協力であるデブリ対象の形状や位置姿勢、運動を推定する計測システム...
(言語) eng(資料番号) AA0062322011
12. 推進系取付のストラテジ・機構の検討 The Strategy and Technology for Non-cooperative Target Capture
(著者名) 中西, 洋喜; 河本, 聡美
(Author) Nakanishi, Hiroki; Kawamoto, Satomi
(内容記述) 会議情報: 第5回スペースデブリワークショップ (2013年1月22-23日. 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター), 調布市, 東京
(文献種別) Conference Paper (レポート番号) JAXA-SP-13-018 (ISSN) 1349-113X
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構特別資料: 第5回スペースデブリワークショップ講演資料集(Journal Name) JAXA Special Publication: Proceedings of the 5th Space Debris Workshop(巻) JAXA-SP-13-018(ページ) 139-147(刊行年月日) 2014-03-31
(抄録) デブリの除去を継続的に実施していくためには、安全及びコストの面から無人の軌道上作業ロボットで行うことが必須であると考えられるが、実現には多くの技術的な課題がある。その中の大きな一つが、非協力ターゲット...
(言語) eng(資料番号) AA0062322012
13. 軌道上実証を目指した導電性テザー技術の研究開発 R&D of Electrodynamic Tether for On-orbit Demonstration
(著者名) 大川, 恭志; 河本, 聡美; 松本, 康司; ほか
(Author) Ohkawa, Yasushi; Kawamoto, Satomi; Matsumoto, Koji; et al.
(内容記述) 会議情報: 第5回スペースデブリワークショップ (2013年1月22-23日. 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター), 調布市, 東京
(文献種別) Conference Paper (レポート番号) JAXA-SP-13-018 (ISSN) 1349-113X
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構特別資料: 第5回スペースデブリワークショップ講演資料集(Journal Name) JAXA Special Publication: Proceedings of the 5th Space Debris Workshop(巻) JAXA-SP-13-018(ページ) 148-158(刊行年月日) 2014-03-31
(抄録) 低軌道デブリ除去機のデオービット推進系への適用を目指して、JAXA 研究開発本部では導電性テザー(EDT)技術の研究開発を進めている。EDT は、導電性のひも(テザー)に流れる電流と地球磁場との干渉に...
(言語) eng(資料番号) AA0062322013
14. デブリ除去実現に向けたHTV による導電性テザー実証実験 The Plan of Electrodynamic Tether Experiments on HTV for Debris Removal
(著者名) 辻田, 大輔; 原田, 正行; 河本, 聡美; ほか
(Author) Tsujita, Daisuke; Harada, Masayuki; Kawamoto, Satomi; et al.
(内容記述) 会議情報: 第5回スペースデブリワークショップ (2013年1月22-23日. 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター), 調布市, 東京
(文献種別) Conference Paper (レポート番号) JAXA-SP-13-018 (ISSN) 1349-113X
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構特別資料: 第5回スペースデブリワークショップ講演資料集(Journal Name) JAXA Special Publication: Proceedings of the 5th Space Debris Workshop(巻) JAXA-SP-13-018(ページ) 159-168(刊行年月日) 2014-03-31
(抄録) 近年デブリの増加が大きな問題として認識されており、今すでに軌道上にあるデブリ同士の衝突によるデブリ数の自己増殖(ケスラーシンドローム)が低軌道で懸念されている。特に低軌道デブリを対象としたデオービット...
(言語) eng(資料番号) AA0062322014
15. イオンビーム照射を用いる静止軌道デブリの除去 GEO Debris Removal using Ion Beam Irradiation
(著者名) 北村, 正治; 早川, 幸男; 大川, 恭志; ほか
(Author) Kitamura, Shoji; Hayakawa, Yukio; Ohkawa, Yasushi; et al.
(内容記述) 会議情報: 第5回スペースデブリワークショップ (2013年1月22-23日. 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター), 調布市, 東京
(文献種別) Conference Paper (レポート番号) JAXA-SP-13-018 (ISSN) 1349-113X
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構特別資料: 第5回スペースデブリワークショップ講演資料集(Journal Name) JAXA Special Publication: Proceedings of the 5th Space Debris Workshop(巻) JAXA-SP-13-018(ページ) 169-179(刊行年月日) 2014-03-31
(抄録) イオンエンジンを利用して静止軌道上の大型デブリを投棄軌道に輸送するデブリ除去方法を提案した。除去機にはイオンエンジンを2 台搭載し、一方のイオンエンジンから噴射したイオンビームでデブリを照射して推力を...
(言語) eng(資料番号) AA0062322015
16. 帯電衛星によるスペースデブリの軌道変換 Orbital change of space debris using the charged satellite
(著者名) 中宮, 賢樹; 赤司, 陽介; 山川, 宏
(Author) Nakamiya, Masaki; Akashi, Yosuke; Yamakawa, Hiroshi
(内容記述) 会議情報: 第5回スペースデブリワークショップ (2013年1月22-23日. 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター), 調布市, 東京
(文献種別) Conference Paper (レポート番号) JAXA-SP-13-018 (ISSN) 1349-113X
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構特別資料: 第5回スペースデブリワークショップ講演資料集(Journal Name) JAXA Special Publication: Proceedings of the 5th Space Debris Workshop(巻) JAXA-SP-13-018(ページ) 180-191(刊行年月日) 2014-03-31
(抄録) 打ち上げで使用したロケット・スペースシャトルの破片や運用を終了して地球の周囲を浮遊している人工衛星等の宇宙ゴミ(スペースデブリ)は増え続けており、近年、能動的なデブリ除去の検討が盛んに行われている。デ...
(言語) eng(資料番号) AA0062322016
17. デブリ除去プロジェクト考察 Study of Active Debris Removal Project
(著者名) 大塚, 聡子; 桑尾, 文博; 河本, 聡美; ほか
(Author) Otsuka, Akiko; Kuwao, Fumihiro; Kawamoto, Satomi; et al.
(内容記述) 会議情報: 第5回スペースデブリワークショップ (2013年1月22-23日. 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター), 調布市, 東京
(文献種別) Conference Paper (レポート番号) JAXA-SP-13-018 (ISSN) 1349-113X
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構特別資料: 第5回スペースデブリワークショップ講演資料集(Journal Name) JAXA Special Publication: Proceedings of the 5th Space Debris Workshop(巻) JAXA-SP-13-018(ページ) 192-201(刊行年月日) 2014-03-31
(抄録) 人工衛星クラスのデブリの除去は、デブリそのものの低減と共に、更なるデブリ発生を抑制するという点で、重要なミッションである。人工衛星クラスのデブリに相対接近、搭載ロボットアームでの把持、EDT 装置取付...
(言語) eng(資料番号) AA0062322017
18. Kevlar・Beta Cloth の微小デブリ貫通限界重量と厚さ Ballistic Limit Weight and Thickness of Kevlar and Beta Cloth for Sub-millimeter Debris Impact
(著者名) 東出, 真澄; 小野瀬, 直美; 長谷川, 直
(Author) Higashide, Masumi; Onose, Naomi; Hasegawa, Sunao
(内容記述) 会議情報: 第5回スペースデブリワークショップ (2013年1月22-23日. 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター), 調布市, 東京
(文献種別) Conference Paper (レポート番号) JAXA-SP-13-018 (ISSN) 1349-113X
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構特別資料: 第5回スペースデブリワークショップ講演資料集(Journal Name) JAXA Special Publication: Proceedings of the 5th Space Debris Workshop(巻) JAXA-SP-13-018(ページ) 202-212(刊行年月日) 2014-03-31
(抄録) デブリ衝突頻度の高いコンポーネントには防護性能の高い材料を採用することが望ましい.しかし,進展部やハーネス等の柔軟な構造は防護性能の高い材料を適用することが困難で,衝突に対して脆弱である.これらを防護...
(言語) eng(資料番号) AA0062322018
19. 発泡アルミに対する衝突実験: 軽量デブリバンパの開発に向けて Impact experiments on aluminum foam targets: As a favored candidate material for a light-weight space debris bumper shield
(著者名) 小野瀬, 直美; 東出, 真澄; 長谷川, 直
(Author) Onose, Naomi; Higashide, Masumi; Hasegawa, Sunao
(内容記述) 会議情報: 第5回スペースデブリワークショップ (2013年1月22-23日. 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター), 調布市, 東京
(文献種別) Conference Paper (レポート番号) JAXA-SP-13-018 (ISSN) 1349-113X
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構特別資料: 第5回スペースデブリワークショップ講演資料集(Journal Name) JAXA Special Publication: Proceedings of the 5th Space Debris Workshop(巻) JAXA-SP-13-018(ページ) 213-223(刊行年月日) 2014-03-31
(抄録) 軽量デブリバンパの素材として提案するため,発泡アルミに対する衝突実験を行った.ターゲットは,直径数十 micrometers のアルミ粒子を焼結させた板を積層させたものである.空隙率は82 %,密度は...
(言語) eng(資料番号) AA0062322019
20. スラスタ用窒化ケイ素セラミックスの超高速衝突損傷評価 Damage evaluation of silicon nitride ceramics subjected to hypervelocity impact
(著者名) 川合, 伸明; 長谷川, 直; 佐藤, 英一
(Author) Kawai, Nobuaki; Hasegawa, Sunao; Sato, Eiichi
(内容記述) 会議情報: 第5回スペースデブリワークショップ (2013年1月22-23日. 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター), 調布市, 東京
(文献種別) Conference Paper (レポート番号) JAXA-SP-13-018 (ISSN) 1349-113X
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構特別資料: 第5回スペースデブリワークショップ講演資料集(Journal Name) JAXA Special Publication: Proceedings of the 5th Space Debris Workshop(巻) JAXA-SP-13-018(ページ) 224-232(刊行年月日) 2014-03-31
(抄録) ISAS/JAXA では人工衛星・惑星探査機用スラスタの高性能化を目的に、高耐熱温度・高強度・高靭性の構造用セラミックスである窒化ケイ素セラミックスを用いたスラスタを開発している。宇宙用構造部材として...
(言語) eng(資料番号) AA0062322020
1 2 next