JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知

Collection



PDF

DOI LINK

URL LINK

Sort items by

In order

Results/Page

Parent SHI-NO

AA0064543000

Results 1-6 of 6.

1
1. SEA法を用いたランダム振動予測解析 Predictive analysis of random vibration by SEA method
(著者名) 平野, 篤史
(Author) Hirano, Atsushi
(内容記述) Original contains color illustrations
(文献種別) Conference Paper (レポート番号) JAXA-SP-09-007 (ISSN) 1349-113X
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構特別資料: 環境試験技術報告: 第7回試験技術ワークショップ開催報告(Journal Name) JAXA special publication: Proceedings of the Seventh Workshop on Environmental Testing(巻) JAXA-SP-09-007(ページ) 6-21(刊行年月日) 2010-02-26
(抄録) H-IIAロケットに搭載し打ち上げられる小型副衛星搭載部のランダム環境条件の解析検討結果に関して報告。実機大の下部フェアリングを用いた音響試験結果との比較評価により、手法の妥当性および問題点を議論。
(言語) jpn(資料番号) AA0064543001
2. MW(モーメンタムホイール)構造モデルのフォースリミット適用例 An example of applying force limit to a structure model of MW (momentum wheel)
(著者名) 世古, 博巳; 高橋, 直幸
(Author) Seko, Hiromi; Takahashi, Naoyuki
(内容記述) Original contains color illustrations
(文献種別) Conference Paper (レポート番号) JAXA-SP-09-007 (ISSN) 1349-113X
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構特別資料: 環境試験技術報告: 第7回試験技術ワークショップ開催報告(Journal Name) JAXA special publication: Proceedings of the Seventh Workshop on Environmental Testing(巻) JAXA-SP-09-007(ページ) 24-45(刊行年月日) 2010-02-26
(抄録) モーメンタムホイール構造モデル(MWSM)が搭載された地球観測機器ユニット開発モデルを用い、フォースリミット振動試験ハンドブックに基づいた新規の振動試験手法で試験を実施し、本手法の適用に関る課題を含む...
(言語) jpn(資料番号) AA0064543002
3. JAXA機械環境試験技術研究に関する最近の取り組み Recent attempt about the research on the technology of mechanical environmental tests at JAXA
(著者名) 施, 勤忠
(Author) Shi, Qinzhong
(内容記述) Original contains color illustrations
(文献種別) Conference Paper (レポート番号) JAXA-SP-09-007 (ISSN) 1349-113X
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構特別資料: 環境試験技術報告: 第7回試験技術ワークショップ開催報告(Journal Name) JAXA special publication: Proceedings of the Seventh Workshop on Environmental Testing(巻) JAXA-SP-09-007(ページ) 48-59(刊行年月日) 2010-02-26
(抄録) 環境試験技術センターの研究方向及び世界の宇宙機の機関環境試験の動向を報告。また、現在、検討を行っているランダム音響振動における低周波領域の解析も容易に行えるジョイントアクセプタンス(構造固有の振動し易...
(言語) jpn(資料番号) AA0064543003
4. 長寿命化キセノンランプの開発状況 長寿命化Xeランプの開発状況 Development status of making long service life of xenon lamp
(著者名) 堀口, 友四郎
(Author) Horiguchi, Yushiro
(内容記述) Original contains color illustrations
(文献種別) Conference Paper (レポート番号) JAXA-SP-09-007 (ISSN) 1349-113X
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構特別資料: 環境試験技術報告: 第7回試験技術ワークショップ開催報告(Journal Name) JAXA special publication: Proceedings of the Seventh Workshop on Environmental Testing(巻) JAXA-SP-09-007(ページ) 62-80(刊行年月日) 2010-02-26
(抄録) 13mphiスペースチェンバ、8mphiスペースチェンバのソーラシミュレータで使用されている世界最大級の30kWキセノンランプは、放電管であり、メーカ保証寿命(点灯時間)400時間、時際の運用時間は5...
(言語) jpn(資料番号) AA0064543004
5. 次期赤外線天文衛星SPICA試験の技術的チャレンジ Technical challenge of testing next generation infrared satellite SPICA
(著者名) 佐藤, 洋一
(Author) Sato, Yoichi
(内容記述) Original contains color illustrations
(文献種別) Conference Paper (レポート番号) JAXA-SP-09-007 (ISSN) 1349-113X
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構特別資料: 環境試験技術報告: 第7回試験技術ワークショップ開催報告(Journal Name) JAXA special publication: Proceedings of the Seventh Workshop on Environmental Testing(巻) JAXA-SP-09-007(ページ) 82-98(刊行年月日) 2010-02-26
(抄録) 2018年打上げをめざす次世代の赤外線天文衛星であるSPICA(Space Infrared Telescope for Cosmology and Astrophysics)は、絶対温度5Kまで冷却...
(言語) jpn(資料番号) AA0064543005
6. 軌道上温度評価に必要な軌道上熱環境モニタの提案 Proposal of monitoring of on-orbit thermal environment necessary for on-orbit temperature evaluation
(著者名) 間瀬, 一郎
(Author) Mase, Ichiro
(内容記述) Original contains color illustrations
(文献種別) Conference Paper (レポート番号) JAXA-SP-09-007 (ISSN) 1349-113X
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構特別資料: 環境試験技術報告: 第7回試験技術ワークショップ開催報告(Journal Name) JAXA special publication: Proceedings of the Seventh Workshop on Environmental Testing(巻) JAXA-SP-09-007(ページ) 100-104(刊行年月日) 2010-02-26
(抄録) 衛星設計に用いた熱数学モデル解析値と軌道上運用状態での実測値とを用いた軌道上温度評価において、特に、衛星外部搭載機器に必要な温度マージンの評価を行う際には、温度変化が速いので、軌道上実測温度に同期して...
(言語) jpn(資料番号) AA0064543006
1