JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知

Collection



PDF

DOI LINK

URL LINK

Sort items by

In order

Results/Page

Parent SHI-NO

AA1530013000

Results 1-6 of 6.

1
1. 高エネルギー物質を用いたイオン液体推進剤の研究 Study on ionic liquid propellants using high energetic materials
(著者名) 松永, 浩貴; 羽生, 宏人; 三宅, 淳巳
(Author) Matsunaga, Hiroki; Habu, Hiroto; Miyake, Atsumi
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-14-005 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 高エネルギー物質研究会: 平成26年度研究成果報告書(Journal Name) JAXA Research and Development Report(巻) JAXA-RR-14-005(ページ) 1-10(刊行年月日) 2015-03-13
(抄録) 高エネルギー物質を溶剤なしで液体化することができれば,液体推進剤のさらなる高性能化が期待される.火薬学会高エネルギー物質研究会ではエネルギーイオン液体(EILs)に着目し,次世代高性能液体推進剤として...
(言語) jpn(資料番号) AA1530013001
2. アンモニウムジニトラミドの共融に及ぼす水素結合供与体の影響 Effect of hydrogen bond donor mixing on eutectic of ammonium dinitramide
(著者名) 板倉, 正昂; 松永, 浩貴; 羽生, 宏人; ほか
(Author) Itakura, Masataka; Matsunaga, Hiroki; Habu, Hiroto; et al.
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-14-005 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 高エネルギー物質研究会: 平成26年度研究成果報告書(Journal Name) JAXA Research and Development Report(巻) JAXA-RR-14-005(ページ) 11-17(刊行年月日) 2015-03-13
(抄録) 本研究では高エネルギー物質の一つであるアンモニウムジニトラミド(ADN)を用いた液体推進剤に着目した. ADN系液体推進剤は高い性能と低い毒性を有することから, 既存の液体推進剤であるヒドラジンに替わ...
(言語) jpn(資料番号) AA1530013002
3. スプレードライ法により調製したAN/AP粒子の表面状態および熱的挙動の観察 Preparation of ammonium nitrate/ammonium perchlorate particles by spray drying and investigation of their surface properties and thermal behavior
(著者名) 永山, 清一郎; 加藤, 勝美; 田中, 公基; ほか
(Author) Nagayama, Seiichiro; Katoh, Katsumi; Tanaka, Koki; et al.
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-14-005 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 高エネルギー物質研究会: 平成26年度研究成果報告書(Journal Name) JAXA Research and Development Report(巻) JAXA-RR-14-005(ページ) 19-25(刊行年月日) 2015-03-13
(抄録) 本研究ではAN/AP系推進薬に関する基礎研究として、スプレードライによりANおよびAPが一体化した粒子を調製し、SEMによる表面状態の観察およびTG-DTAによる熱分析を実施した。SEM観察の結果、A...
(言語) jpn(資料番号) AA1530013003
4. ロケット推進薬のウレタン系バインダ合成およびキャラクタリゼーション Synthesis and characterization of urethane binder for rocket propellants
(著者名) 寒河江, 祐司; 吉野, 悟; 小森谷, 友絵; ほか
(Author) Sagae, Yuji; Yoshino, Satoru; Komoriya, Tomoe; et al.
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-14-005 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 高エネルギー物質研究会: 平成26年度研究成果報告書(Journal Name) JAXA Research and Development Report(巻) JAXA-RR-14-005(ページ) 27-32(刊行年月日) 2015-03-13
(抄録) 本研究の目的は,2,2-ジニトロプロパン-1,3-ジオール(DNPD)を用いて,ニトロ基を含むポリウレタンおよびアジド基を有したポリウレタンの合成および熱的特性を検討した.構造解析は、赤外分光分析法(...
(言語) jpn(資料番号) AA1530013004
5. 1,2,4-トリアゾール-3-オン銅錯体硝酸塩の熱的特性および燃焼特性 Thermal and combustion characteristics of 1,2,4-triazole-3-one copper complex nitrate
(著者名) 大貫, 学; 吉野, 悟; 三宅, 淳巳; ほか
(Author) Ohnuki, Manabu; Yoshino, Satoru; Miyake, Atsumi; et al.
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-14-005 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 高エネルギー物質研究会: 平成26年度研究成果報告書(Journal Name) JAXA Research and Development Report(巻) JAXA-RR-14-005(ページ) 33-39(刊行年月日) 2015-03-13
(抄録) 本研究の目的は,ガス発生剤として1,2,4-トリアゾール-3-オン銅錯体硝酸塩(TOCu)を合成し,熱的特性および初期分解機構の検討からTOCuの反応性に及ぼすCuの影響を検討することである.ガス発生...
(言語) jpn(資料番号) AA1530013005
6. 人工筋肉アクチュエータによる固体推進薬の捏和 The mixing of solid propellant by an artificial muscle actuator
(著者名) 岩崎, 祥大; 伴, 遼介; 吉浜, 舜; ほか
(Author) Iwasaki, Akihiro; Ban, Ryosuke; Yoshihama, Shun; et al.
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-14-005 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 高エネルギー物質研究会: 平成26年度研究成果報告書(Journal Name) JAXA Research and Development Report(巻) JAXA-RR-14-005(ページ) 41-47(刊行年月日) 2015-03-13
(抄録) 本研究は固体ロケットの製造プロセスからの抜本的な低コスト化を目標としている.その低コスト化へ繋がるアイデアとしてプロセスの連続プロセス化を目指し,特に固体ロケット推進薬捏和工程に注目した.捏和機に蠕動...
(言語) jpn(資料番号) AA1530013006
1