JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知

Collection



PDF

DOI LINK

URL LINK

Sort items by

In order

Results/Page

Parent SHI-NO

AA1530055000

Results 1-8 of 8.

1
1. イオン液体を用いた高性能低毒性推進剤の研究開発 Research and development of high energy and low toxic propellant using ionic liquids
(著者名) 松永, 浩貴; 板倉, 正昂; 塩田, 謙人; ほか
(Author) Matsunaga, Hiroki; Itakura, Masataka; Shiota, Kento; et al.
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-15-004 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 高エネルギー物質研究会: 平成27年度研究成果報告書(Journal Name) JAXA Research and Development Report(巻) JAXA-RR-15-004(ページ) 1-8(刊行年月日) 2016-03-02
(抄録) 我々は高エネルギー物質アンモニウムジニトラミド(ADN)を基剤としたイオン液体の推進薬への適用に着目した。イオン液体推進剤(EILPs)は溶媒を含まず低揮発性であることから,ヒドラジンに代わる高性能低...
(言語) jpn(資料番号) AA1530055001
2. Hydroxylammonium nitrate系一液推進剤のレーザー点火に関する研究 Laser ignition of hydroxylammonium nitrate based monopropellant
(著者名) 勝身, 俊之
(Author) Katsumi, Toshiyuki
(内容記述) 形態: 図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-15-004 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 高エネルギー物質研究会: 平成27年度研究成果報告書(Journal Name) JAXA Research and Development Report(巻) JAXA-RR-15-004(ページ) 9-14(刊行年月日) 2016-03-02
(抄録) 現在,宇宙機の姿勢制御に用いられる1液スラスタでは,推進剤としてヒドラジンが使用されているが,高い毒性を有することから,近年,低毒性推進剤が注目を集めている。日本国内では,入手性が高いことから,主にH...
(言語) jpn(資料番号) AA1530055002
3. アンモニウムジニトラミドの燃焼モデル構築とその課題 Modeling of ammonium dinitramide (ADN) combustion and its problems
(著者名) 伊里, 友一朗; 三宅, 淳巳
(Author) Izato, Yuichiro; Miyake, Atsumi
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-15-004 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 高エネルギー物質研究会: 平成27年度研究成果報告書(Journal Name) JAXA Research and Development Report(巻) JAXA-RR-15-004(ページ) 15-22(刊行年月日) 2016-03-02
(抄録) 本研究の目的は,次世代ロケット推進薬酸化剤であるアンモニウムジニトラミドを含んだエネルギー物質一般の燃焼反応モデルを構築することである。燃焼反応モデルとは,素反応式・速度パラメータ・化学種の熱力学デー...
(言語) jpn(資料番号) AA1530055003
4. ADN系高エネルギーイオン液体の燃焼波構造に関する研究 A study on combustion wave structure of ADN-Based Energetic Ionic Liquid
(著者名) 井出, 雄一郎; 高橋, 拓也; 岩井, 啓一郎; ほか
(Author) Ide, Yuichiro; Takahashi, Takuya; Iwai, Keiichiro; et al.
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-15-004 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 高エネルギー物質研究会: 平成27年度研究成果報告書(Journal Name) JAXA Research and Development Report(巻) JAXA-RR-15-004(ページ) 23-31(刊行年月日) 2016-03-02
(抄録) ヒドラジンに替わる低毒性推進剤としてJAXAとカーリットホールディングスはアンモニウムジニトラミド系高エネルギーイオン液体推進剤(ADN系EILP)を研究している。本推進剤はADN,モノメチルアミン硝...
(言語) jpn(資料番号) AA1530055004
5. アンモニウムジニトラミド/アセトアミド系イオン液体の試製と熱挙動解析 Preparation and thermal behavior studying of ionic liquids based on ammonium dinitramide and acetamide
(著者名) 塩田, 謙人; 伊里, 友一朗; 板倉, 正昂; ほか
(Author) Shiota, Kento; Izato, Yuichiro; Itakura, Masataka; et al.
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-15-004 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 高エネルギー物質研究会: 平成27年度研究成果報告書(Journal Name) JAXA Research and Development Report(巻) JAXA-RR-15-004(ページ) 33-39(刊行年月日) 2016-03-02
(抄録) アンモニウムジニトラミド(ADN)はアセトアミド(AA)と混合すると著しい融点降下を示し,液体を得ることが出来る。そこで本研究では ADNとAAの二成分系イオン液体(ILs)の試製および熱特性把握のた...
(言語) jpn(資料番号) AA1530055005
6. 蠕動運動ポンプを用いた固体推進薬スラリ連続捏和に関する研究 Study for the Continuous Mixing of Solid Propellant by Peristaltic Pump
(著者名) 岩崎, 祥大; 松本, 幸太郎; 吉浜, 舜; ほか
(Author) Iwasaki, Akihiro; Matsumoto, Kotaro; Yoshihama, Shun; et al.
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-15-004 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 高エネルギー物質研究会: 平成27年度研究成果報告書(Journal Name) JAXA Research and Development Report(巻) JAXA-RR-15-004(ページ) 41-47(刊行年月日) 2016-03-02
(抄録) 本研究は固体推進薬スラリ連続捏和装置への蠕動運動ポンプ適用検討である。本ポンプによって固体推進薬製造プロセスの抜本的な低コスト化が見込めるが,本ポンプによる高粘性スラリの捏和性能・捏和要素に関しては未...
(言語) jpn(資料番号) AA1530055006
7. X線CTを用いた固体推進薬内のAP粒子/ボイド分散評価手法 Dispersibility Evaluating Method of AP particles and Voids in Solid Propellant by X-ray CT
(著者名) 岩崎, 祥大; 松本, 幸太郎; 細見, 直正; ほか
(Author) Iwasaki, Akihiro; Matsumoto, Kotaro; Hosomi, Naomasa; et al.
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-15-004 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 高エネルギー物質研究会: 平成27年度研究成果報告書(Journal Name) JAXA Research and Development Report(巻) JAXA-RR-15-004(ページ) 49-54(刊行年月日) 2016-03-02
(抄録) 本研究では固体推進薬スラリ連続捏和装置の最適化に必要となる固体推進薬内の粒子/ボイド分散評価手法を検討している。X線CTによって固体推進薬の内部構造を撮像し,その画像の輝度ヒストグラム解析を行った。こ...
(言語) jpn(資料番号) AA1530055007
8. AP系コンポジット推進薬の燃焼速度制御: TiO2添加の効果 Burning rate control of AP composite propellants: Effects of TiO2 additive
(著者名) 松本, 幸太郎; 岩崎, 祥大; 羽生, 宏人
(Author) Matsumoto, Kotaro; Iwasaki, Akihiro; Habu, Hiroto
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-15-004 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 高エネルギー物質研究会: 平成27年度研究成果報告書(Journal Name) JAXA Research and Development Report(巻) JAXA-RR-15-004(ページ) 55-59(刊行年月日) 2016-03-02
(抄録) 本研究の目的は,固体ロケットにおける人工衛星輸送能力を左右する第3段固体ロケットモータ用固体推進薬の高性能化である。第3段用固体推進薬の高性能化には,Al粒子の集塊抑制及び低燃焼速度化が要求される。本...
(言語) jpn(資料番号) AA1530055008
1