JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知

Collection



PDF

DOI LINK

URL LINK

Sort items by

In order

Results/Page

Parent SHI-NO

AA1630043000

Results 1-11 of 11.

1
1. イオン液体を用いた新規ロケット推進剤の研究開発 Research and development of new rocket propellants using ionic liquids
(著者名) 松永, 浩貴; 塩田, 謙人; 伊里, 友一朗; ほか
(Author) Matsunaga, Hiroki; Shiota, Kento; Izato, Yuichiro; et al.
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-16-006 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 高エネルギー物質研究会: 平成28年度研究成果報告書(Journal Name) JAXA Research and Development Report: Technical Report of The Research Activity for High Energy Materials (2016)(巻) JAXA-RR-16-006(ページ) 1-6(刊行年月日) 2017-03-10
(抄録) 我々は高エネルギー物質を基剤としたイオン液体の推進薬への適用に着目した。イオン液体推進剤 (EILPs) は溶媒を含まず低揮発性であることから, 高性能低毒性推進剤として期待できる。一方, EILPs...
(言語) jpn(資料番号) AA1630043001
2. イオン液体推進剤の研究動向 A review on research trend on energetic ionic liquid propellants.
(著者名) 伊里, 友一朗; 三宅, 淳巳
(Author) Izato, Yuichiro; Miyake, Atsumi
(内容記述) 形態: 図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-16-006 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 高エネルギー物質研究会: 平成28年度研究成果報告書(Journal Name) JAXA Research and Development Report: Technical Report of The Research Activity for High Energy Materials (2016)(巻) JAXA-RR-16-006(ページ) 7-12(刊行年月日) 2017-03-10
(抄録) 本稿の目的は, エネルギーイオン液体推進剤(EILPs)に関する研究動向をレビューし, 我々の研究の位置づけを再確認することである. 世界的にEILPs に関する研究が進むにつれて, EILPsに対す...
(言語) jpn(資料番号) AA1630043002
3. パルスレーザーを用いた低毒一液推進剤の点火に関する実現可能性評価 Feasibility study on ignition of green monopropellant using a pulse laser
(著者名) 勝身, 俊之; 古澤, 雅也
(Author) Katsumi, Toshiyuki; Furusawa, Masaya
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-16-006 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 高エネルギー物質研究会: 平成28年度研究成果報告書(Journal Name) JAXA Research and Development Report: Technical Report of The Research Activity for High Energy Materials (2016)(巻) JAXA-RR-16-006(ページ) 13-20(刊行年月日) 2017-03-10
(抄録) 宇宙機の姿勢制御などに用いられる1液スラスタでは, 現在, 推進剤としてヒドラジンが使用されているが, 高い毒性を有することから, 近年, Hydroxylammonium Nitrate(HAN)や...
(言語) jpn(資料番号) AA1630043003
4. ADNを基剤とした非溶媒系イオン液体のパルスレーザー点火検討 Study for Ignition of ADN-based Solvent-free Ionic Liquid with Pulse Laser
(著者名) 伊東山, 登; 羽生, 宏人
(Author) Itouyama, Noboru; Habu, Hiroto
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-16-006 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 高エネルギー物質研究会: 平成28年度研究成果報告書(Journal Name) JAXA Research and Development Report: Technical Report of The Research Activity for High Energy Materials (2016)(巻) JAXA-RR-16-006(ページ) 21-29(刊行年月日) 2017-03-10
(抄録) 現在まで低毒性や貯蔵性に優れるといったメリットからアンモニウムジニトラミド(ADN) を基剤とした3成分系無溶媒イオン液体の液体推進薬応用が検討されてきた. しかし, イオン液体推進剤は非常に高い断熱...
(言語) jpn(資料番号) AA1630043004
5. 熱特性解析によるアンモニウムジニトラミド系イオン液体の着火遅れ時間予測 Prediction of ignition delay of ADN-based ionic liquid propellants using thermal analysis
(著者名) 早田, 葵; 塩田, 謙人; 伊里, 友一朗; ほか
(Author) Hayata, Mamoru; Shiota, Kento; Izato, Yuichiro; et al.
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-16-006 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 高エネルギー物質研究会: 平成28年度研究成果報告書(Journal Name) JAXA Research and Development Report: Technical Report of The Research Activity for High Energy Materials (2016)(巻) JAXA-RR-16-006(ページ) 31-36(刊行年月日) 2017-03-10
(抄録) アンモニウムジニトラミド系イオン液体(ADN系EILPsH)は比推力の高さ, 融点, 毒性の低さから次世代のスラスタ用一液式推進剤として実用化に向けた研究が進められている。本研究の目的は燃焼制御技術確...
(言語) jpn(資料番号) AA1630043005
6. 導電性を有するイオン液体推進薬の電気的点火についての研究 Research of Conductive Ionic Liquid Propellant with Electric Ignition
(著者名) 伊東山, 登; 羽生, 宏人
(Author) Itouyama, Noboru; Habu, Hiroto
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-16-006 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 高エネルギー物質研究会: 平成28年度研究成果報告書(Journal Name) JAXA Research and Development Report: Technical Report of The Research Activity for High Energy Materials (2016)(巻) JAXA-RR-16-006(ページ) 37-46(刊行年月日) 2017-03-10
(抄録) アンモニウムジニトラミド(ADN)を基剤とした3成分系のイオン液体(以下ADN 系イオン液体)はヒドラジン代替の高性能低毒性推進剤として期待されている. この推進薬をいかに点火するかが最終的なシステム...
(言語) jpn(資料番号) AA1630043006
7. アンモニウムジニトラミド系高エネルギー推進剤の最適組成探索手法 Searching method of optimum composition ratio for ADN-based ionic liquids propellants
(著者名) 塩田, 謙人; 早田, 葵; 板倉, 正昂; ほか
(Author) Shiota, Kento; Hayata, Mamoru; Itakura, Masataka; et al.
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-16-006 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 高エネルギー物質研究会: 平成28年度研究成果報告書(Journal Name) JAXA Research and Development Report: Technical Report of The Research Activity for High Energy Materials (2016)(巻) JAXA-RR-16-006(ページ) 47-51(刊行年月日) 2017-03-10
(抄録) アンモニウムジニトラミド(ADN)から構成される高エネルギーイオン液体推進剤(EILPs) は, 構成成分の混合による共融現象の融点降下を利用した液体である. そのため, EILPsの構成成分や組成比...
(言語) jpn(資料番号) AA1630043007
8. 蠕動運動型人工筋肉混合器によるAP系コンポジット推進薬の捏和 Kneading of AP Composite Propellant by Peristaltic Muscle Mixer
(著者名) 岩崎, 祥大; 吉浜, 舜; 大竹, 可那; ほか
(Author) Iwasaki, Akihiro; Yoshihama, Shun; Otake, Kana; et al.
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-16-006 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 高エネルギー物質研究会: 平成28年度研究成果報告書(Journal Name) JAXA Research and Development Report: Technical Report of The Research Activity for High Energy Materials (2016)(巻) JAXA-RR-16-006(ページ) 53-61(刊行年月日) 2017-03-10
(抄録) 我々は固体ロケットモータの抜本的な低コスト化に向けて, 蠕動運動型人工筋肉混合器を用いたコンポジット推進薬スラリの連続捏和技術の実現に取り組んできた. 今回は連続捏和システム構築の初期検討としては最も...
(言語) jpn(資料番号) AA1630043008
9. X線CTを用いたAP/HTPB系コンポジット推進薬の混合度の測定 Measurement of the degree of mixedness of AP/HTPB composite propellant by X-ray CT
(著者名) 細見, 直正; 大竹, 可那; 上垣, 那津世; ほか
(Author) Hosomi, Naomasa; Otake, Kana; Uegaki, Natsuyo; et al.
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-16-006 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 高エネルギー物質研究会: 平成28年度研究成果報告書(Journal Name) JAXA Research and Development Report: Technical Report of The Research Activity for High Energy Materials (2016)(巻) JAXA-RR-16-006(ページ) 63-68(刊行年月日) 2017-03-10
(抄録) AP/HTPB系コンポジット推進薬のX線CT撮像による輝度ヒストグラムを用いて, AP粒子の分散状態やボイドの含有が混合度として定量評価される. 捏和中の推進薬スラリからサンプルを抽出しCT撮像するこ...
(言語) jpn(資料番号) AA1630043009
10. レーザを用いた固体推進薬燃焼表面の可視化 Visualization of combustion surface of solid propellants using laser
(著者名) 松本, 幸太郎; 岩崎, 祥大; 羽生, 宏人
(Author) Matsumoto, Kotaro; Iwasaki, Akihiro; Habu, Hiroto
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-16-006 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 高エネルギー物質研究会: 平成28年度研究成果報告書(Journal Name) JAXA Research and Development Report: Technical Report of The Research Activity for High Energy Materials (2016)(巻) JAXA-RR-16-006(ページ) 69-73(刊行年月日) 2017-03-10
(抄録) 多段式固体燃料ロケットの衛星輸送能力を増強させるためには、上段用固体推進薬の高性能化が最も有効である。さらに、固体燃料ロケットが潜在的に有する推進性能を十分に発揮させるためには、推進薬燃焼表面における...
(言語) jpn(資料番号) AA1630043010
11. 硝酸アンモニウム/過塩素酸アンモニウム系スプレードライ粒子を用いた固体推進薬の調製および燃焼性 Preparation and combustion characteristics of a solid propellant comprising spray-dried ammonium nitrate/ammonium perchlorate mixture
(著者名) 古荘, 貴章; 松永, 浩貴; 東, 英子; ほか
(Author) Furusho, Takaaki; Matsunaga, Hiroki; Higashi, Eiko; et al.
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-16-006 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 高エネルギー物質研究会: 平成28年度研究成果報告書(Journal Name) JAXA Research and Development Report: Technical Report of The Research Activity for High Energy Materials (2016)(巻) JAXA-RR-16-006(ページ) 75-85(刊行年月日) 2017-03-10
(抄録) 本研究では, 硝酸アンモニウム(AN), 過塩素酸アンモニウム(AP)およびポリマーが混合した粒子(粒径約34μm)をスプレードライにより造粒し, 同粒子を酸化剤とする推進薬を調製した。また, 推進薬...
(言語) jpn(資料番号) AA1630043011
1