JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知

Collection



PDF

DOI LINK

URL LINK

Sort items by

In order

Results/Page

Parent SHI-NO

AA1630049000

Results 1-15 of 15.

1
1. 軌道計画への品質工学の応用可能性 Feasibility Study of Quality Engineering for Trajectory Planning
(著者名) 池内, 正之; 角, 有司
(Author) Ikeuchi, Masayuki; Kado, Yuji
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-16-007 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 宇宙科学情報解析論文誌: 第6号(Journal Name) JAXA Research and Development Report: Journal of Space Science Informatics Japan: Volume 6(巻) JAXA-RR-16-007(ページ) 1-9(刊行年月日) 2017-03-17
(抄録) This paper applies a new quality engineering tool based on Taguchi method to trajectory planning of ...
(言語) jpn(資料番号) AA1630049001
2. 音声グラフ表示ソフトウェアsplotを用いたスペクトル認識の可能性; 宇宙科学データ可聴化プロジェクト(4) Possibility of spectrum recognition using a sound-based data-plotting program, splot; Astronomical Data Sonification Project (4)
(著者名) 宇野, 伸一郎; 外谷, 渉; 三浦, 昭
(Author) Uno, Shinichiro; Sotota, Sho; Miura, Akira
(内容記述) 形態: 図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-16-007 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 宇宙科学情報解析論文誌: 第6号(Journal Name) JAXA Research and Development Report: Journal of Space Science Informatics Japan: Volume 6(巻) JAXA-RR-16-007(ページ) 11-23(刊行年月日) 2017-03-17
(抄録) 宇宙科学データ可聴化プロジェクトは, 視覚障害者がX 線天文学を学び, 実際のデータ解析をする環境を構築するため, 音声グラフ表示ソフトウェアsplot を開発してきた. 今回我々は, スペクトルフィ...
(言語) jpn(資料番号) AA1630049002
3. Web型データ解析ツールERGWATの開発と今後の発展計画 Development and Future Plans of the Web Based Data Analysis Tool ERGWAT
(著者名) 梅村, 宜生; 瀨川, 朋紀; 宮下, 幸長; ほか
(Author) Umemura, Norio; Segawa, Tomonori; Miyashita, Yukinaga; et al.
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-16-007 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 宇宙科学情報解析論文誌: 第6号(Journal Name) JAXA Research and Development Report: Journal of Space Science Informatics Japan: Volume 6(巻) JAXA-RR-16-007(ページ) 25-37(刊行年月日) 2017-03-17
(抄録) 本論文では, 宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所と名古屋大学宇宙地球環境研究所統合データサイエンスセンターによって運営されている宇宙科学連携拠点ERG サイエンスセンターが開発・公開しているデータ解析...
(言語) jpn(資料番号) AA1630049003
4. SVMによる深発月震分類のための有効な特徴量の分析 Analysis of the effective features to classify the deep moonquake sources using the SVM
(著者名) 加藤, 広大; 菊池, 栞; 山田, 竜平; ほか
(Author) Kato, Kodai; Kikuchi, Shiori; Yamada, Ryuhei; et al.
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-16-007 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 宇宙科学情報解析論文誌: 第6号(Journal Name) JAXA Research and Development Report: Journal of Space Science Informatics Japan: Volume 6(巻) JAXA-RR-16-007(ページ) 39-50(刊行年月日) 2017-03-17
(抄録) NASA が行ったアポロミッションによって, 約7年半分に及ぶ月地震データが収集された. これらのデータは, 月の内部構造の推定や, 月震の発生メカニズムの解明において非常に重要であり, 現在も解析が...
(言語) jpn(資料番号) AA1630049004
5. 深発月震源分類に適した機械学習法の研究 Study of the suitable machine learning techniques for classication of deep moonquake sources
(著者名) 菊池, 栞; 加藤, 広大; 山田, 竜平; ほか
(Author) Kikuchi, Shiori; Kato, Kodai; Yamada, Ryuhei; et al.
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-16-007 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 宇宙科学情報解析論文誌: 第6号(Journal Name) JAXA Research and Development Report: Journal of Space Science Informatics Japan: Volume 6(巻) JAXA-RR-16-007(ページ) 51-62(刊行年月日) 2017-03-17
(抄録) 深発月震とは, 深さ約1, 000km で発生し, 観測された数が最も多い月震である. これまで深発月震の震源の推定が行われてきたが, 深発月震の波形にノイズが多く含まれることと, 振幅が小さいために...
(言語) jpn(資料番号) AA1630049005
6. れいめい衛星搭載磁力計GASのデータベース作成・整備; 沿磁力線電流の推定のために Database production and management of magnetometer GAS onboard Reimei Satellite; Estimation of field-aligned current
(著者名) 益岡, 葵; 高田, 拓; 平原, 聖文; ほか
(Author) Masuoka, Aoi; Takada, Taku; Hirahara, Masafumi; et al.
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-16-007 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 宇宙科学情報解析論文誌: 第6号(Journal Name) JAXA Research and Development Report: Journal of Space Science Informatics Japan: Volume 6(巻) JAXA-RR-16-007(ページ) 63-71(刊行年月日) 2017-03-17
(抄録) れいめい衛星は, オーロラと降り込み粒子の同時観測を行うことで, オーロラ科学の発展に寄与してきた. 超小型衛星計画であるため, 理学ミッション機器は多波長オーロラカメラ, オーロラ粒子観測器, ラン...
(言語) jpn(資料番号) AA1630049006
7. Application of data science techniques to disentangle of X-ray spectral variation of super-massive black holes
(著者名) Pike, Sean; 海老沢, 研; 池田, 思朗; ほか
(Author) Pike, Sean; Ebisawa, Ken; Ikeda, Shiro; et al.
(内容記述) Physical characteristics: Original contains color illustrations
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-16-007 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 宇宙科学情報解析論文誌: 第6号(Journal Name) JAXA Research and Development Report: Journal of Space Science Informatics Japan: Volume 6(巻) JAXA-RR-16-007(ページ) 73-87(刊行年月日) 2017-03-17
(抄録) We apply three data science techniques, Nonnegative Matrix Factorization (NMF), Principal Component ...
(言語) eng(資料番号) AA1630049007
8. 宇宙科学資料データベースの開発 Developments of the space science technical documents, photos, and films database
(著者名) 川上, 修司; 本田, 秀之; 小野, 縁; ほか
(Author) Kawakami, Shuji; Honda, Hideyuki; Ono, Yukari; et al.
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-16-007 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 宇宙科学情報解析論文誌: 第6号(Journal Name) JAXA Research and Development Report: Journal of Space Science Informatics Japan: Volume 6(巻) JAXA-RR-16-007(ページ) 89-97(刊行年月日) 2017-03-17
(抄録) 宇宙科学研究所(ISAS)に蓄積されている歴史的に価値のある貴重な資料を含む技術資料の散逸を防止し, 情報の共有化と有効活用を図ることを目的として, 2007 年度より宇宙科学資料データベースのシステ...
(言語) jpn(資料番号) AA1630049008
9. 地球観測衛星データ処理におけるJAXAスパコン活用の効果検証 Verification of Extreme Time Reduction for Earth Observation Satellite Data Re-processing with JAXA Supercomputer
(著者名) 齋藤, 紀男; 上田, 陽子; 中西, 功; ほか
(Author) Saito, Norio; Ueda, Yoko; Nakanishi, Isao; et al.
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-16-007 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 宇宙科学情報解析論文誌: 第6号(Journal Name) JAXA Research and Development Report: Journal of Space Science Informatics Japan: Volume 6(巻) JAXA-RR-16-007(ページ) 99-108(刊行年月日) 2017-03-17
(抄録) 人工衛星による地球観測は, 地球環境の変化を科学的に研究するための重要なツールである. 観測データは, 1年に1回程度, 物理量を算出するための計算モデルが改訂されることに伴って再処理される. 観...
(言語) jpn(資料番号) AA1630049009
10. 火星大気データを地球大気解析ツールで解析できるようにするためのデータ整備: MRO/MCSデータのnetCDF化とGrADSによる可視化 Conversion of the MRO/MCS data into netCDF format and gridding of them for analysis and visualization by the use of GrADS
(著者名) 野口, 克行; 林, 寛生
(Author) Noguchi, Katsuyuki; Hayashi, Hiroo
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-16-007 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 宇宙科学情報解析論文誌: 第6号(Journal Name) JAXA Research and Development Report: Journal of Space Science Informatics Japan: Volume 6(巻) JAXA-RR-16-007(ページ) 109-116(刊行年月日) 2017-03-17
(抄録) 本論文では, Mars Reconnaissance Orbiter(MRO)搭載のMars Climate Sounder(MCS)による観測データの利用を広めるために行った環境整備について紹介する...
(言語) jpn(資料番号) AA1630049010
11. WebGLによる「はやぶさ2」「あかつき」のリアルタイム軌道可視化 Visualization of Hayabusa2 and Akatsuki trajectories with WebGL in real-time
(著者名) 柏井, 勇魚; 宮崎, 剛
(Author) Kashiwai, Isana; Miyazaki, Go
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-16-007 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 宇宙科学情報解析論文誌: 第6号(Journal Name) JAXA Research and Development Report: Journal of Space Science Informatics Japan: Volume 6(巻) JAXA-RR-16-007(ページ) 117-129(刊行年月日) 2017-03-17
(抄録) 筆者らは, 2015 年12 月3 日の「はやぶさ2」の地球スイングバイ, ならびに2015年12月7日の「あかつき」の金星軌道投入に際して, JAXA/ISAS などから一般向けに提供されている軌道...
(言語) jpn(資料番号) AA1630049011
12. 多様な環境においてデジタル立体地球儀を実現するためのダジック・アースの開発 Development of Dagik Earth to utilize digital globe for various purposes
(著者名) 齊藤, 昭則; 津川, 卓也; 市川, 浩樹; ほか
(Author) Saito, Akinori; Tsugawa , Takuya; Ichikawa, Hiroki; et al.
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-16-007 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 宇宙科学情報解析論文誌: 第6号(Journal Name) JAXA Research and Development Report: Journal of Space Science Informatics Japan: Volume 6(巻) JAXA-RR-16-007(ページ) 131-144(刊行年月日) 2017-03-17
(抄録) 球形の立体ディスプレイに地球画像やデータを表示するデジタル立体地球儀は従来の地球儀に比べて表示画像を動的に変更することが可能であり, 科学館での多様な地球惑星科学・宇宙科学データの展示に用いられている...
(言語) jpn(資料番号) AA1630049012
13. 科学データのドームを用いた映像化による研究成果の公表 Publication of scientific results by using of data visualization for dome
(著者名) 田部, 一志
(Author) Tabe, Isshi
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-16-007 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 宇宙科学情報解析論文誌: 第6号(Journal Name) JAXA Research and Development Report: Journal of Space Science Informatics Japan: Volume 6(巻) JAXA-RR-16-007(ページ) 145-153(刊行年月日) 2017-03-17
(抄録) 日本には公開されているドームシアターが200か所以上あるが, 科学データの映像化, 結果の公表という観点からは, 十分に機能している状況にはない. ここでは、主に国内の状況を考察しつつ, ドームを用い...
(言語) jpn(資料番号) AA1630049013
14. 全天周映像作成のための, 簡易ドームマスター生成手法について A Simple Method to Create Dome Master for Full Dome Visualization
(著者名) 三浦, 昭
(Author) Miura, Akira
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-16-007 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 宇宙科学情報解析論文誌: 第6号(Journal Name) JAXA Research and Development Report: Journal of Space Science Informatics Japan: Volume 6(巻) JAXA-RR-16-007(ページ) 155-166(刊行年月日) 2017-03-17
(抄録) 全天周映像向けのフォーマットとして広く普及しているドームマスター形式の映像を様々なレイトレーシングソフトウェアでレンダリングするための, カメラオブジェクトと鏡面オブジェクトの簡易な組み合わせについて...
(言語) jpn(資料番号) AA1630049014
15. 宇宙データを使った世界同時開催ハッカソン「International Space Apps Challenge」の日本開催 Organizing the space data hackathon International Space Apps Challenge in Japan
(著者名) 湯村, 翼
(Author) Yumura, Tsubasa
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-16-007 (ISSN) 1349-1113
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 宇宙科学情報解析論文誌: 第6号(Journal Name) JAXA Research and Development Report: Journal of Space Science Informatics Japan: Volume 6(巻) JAXA-RR-16-007(ページ) 167-171(刊行年月日) 2017-03-17
(抄録) International Space Apps Challenge (SpaceApps) は, 宇宙データを使って宇宙のアプリをつくるNASA 主催のハッカソンである. 2012 年を皮切りに毎年...
(言語) jpn(資料番号) AA1630049015
1