JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知

Collection



PDF

DOI LINK

URL LINK

Sort items by

In order

Results/Page

Parent SHI-NO

AA1730012000

Results 1-11 of 11.

1
1. 高エネルギーイオン液体推進剤の点火に関する検討 Study for ignition of high energy ionic liquid propellant
(著者名) 松永, 浩貴; 羽生, 宏人; 野田, 賢; ほか
(Author) Matsunaga, Hiroki; Habu, Hiroto; Noda, Masaru; et al.
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-17-008
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 高エネルギー物質研究会: 平成29年度研究成果報告書(Journal Name) JAXA Research and Development Report: Technical Report of The Research Activity for High Energy Materials (2017)(巻) JAXA-RR-17-008(ページ) 1-6(刊行年月日) 2018-01-10
(抄録) 我々は高エネルギー物質を基剤新規液体の推進薬の研究開発を進めている. 固体エネルギー物質同士の共融により調製されるイオン液体推進剤(EILPs)は溶媒を含まず低揮発性であることから, 高性能低毒性推進...
(言語) jpn(資料番号) AA1730012001
2. スラスタ用低毒1液推進剤を対象にしたレーザー点火特性の研究 Investigation on laser ignition characteristics for green monopropellant of thruster
(著者名) 古澤, 雅也; 北村, 飛翔; 勝身, 俊之
(Author) Furusawa, Masaya; Kitamura, Tsubasa; Katsumi, Toshiyuki
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-17-008
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 高エネルギー物質研究会: 平成29年度研究成果報告書(Journal Name) JAXA Research and Development Report: Technical Report of The Research Activity for High Energy Materials (2017)(巻) JAXA-RR-17-008(ページ) 7-12(刊行年月日) 2018-01-10
(抄録) スラスタ用低毒 1 液推進剤を対象にレーザー点火実験を行い, 推進剤の燃焼特性を取得した. 従来, 宇宙機器のスラスタでは, ヒドラジンの触媒点火方式が採用されている. ヒドラジンは, 高毒性であり,...
(言語) jpn(資料番号) AA1730012002
3. アンモニウムジニトラミド系イオン液体推進剤のレーザー着火性に及ぼす色素混合の影響 Prediction of ignition delay of ADN-based ionic liquid propellants using thermal analysis
(著者名) 早田, 葵; 塩田, 謙人; 伊里, 友一朗; ほか
(Author) Hayata, Mamoru; Shiota, Kento; Izato, Yuichiro; et al.
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-17-008
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 高エネルギー物質研究会: 平成29年度研究成果報告書(Journal Name) JAXA Research and Development Report: Technical Report of The Research Activity for High Energy Materials (2017)(巻) JAXA-RR-17-008(ページ) 13-17(刊行年月日) 2018-01-10
(抄録) 現在我々は, アンモニウムジニトラミド系イオン液体推進剤(ADN 系EILPs)の点火方法の一つとしてCWレーザーによる点火システムを有力視している. CWレーザーによる点火システムを実現するにはレー...
(言語) jpn(資料番号) AA1730012003
4. アンモニウムジニトラミドの凝縮相分解に関する詳細反応モデル構築 A detailed kinetic model of condensed-phase reaction of ammonium dinitramide
(著者名) 伊里, 友一朗; 三宅, 淳巳
(Author) Izato, Yuichiro; Miyake, Atsumi
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-17-008
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 高エネルギー物質研究会: 平成29年度研究成果報告書(Journal Name) JAXA Research and Development Report: Technical Report of The Research Activity for High Energy Materials (2017)(巻) JAXA-RR-17-008(ページ) 19-26(刊行年月日) 2018-01-10
(抄録) アンモニウムジニトラミド(ADN: NH4N(NO2)2)は次世代固体/液体推進剤の酸化剤として最も期待されている. 本報告は, 量子化学計算によるADN の分解反応経路解明とその詳細反応モデル構築に...
(言語) jpn(資料番号) AA1730012004
5. 速度論的理論計算によるイオン性液体推進薬の組成評価 Chemical kinetics evaluation of ionic liquid propellant composition
(著者名) 伊東山, 登; 伊里, 友一朗; 三宅, 淳巳; ほか
(Author) Itouyama, Noboru; Izato, Yuichiro; Miyake, Atsumi; et al.
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-17-008
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 高エネルギー物質研究会: 平成29年度研究成果報告書(Journal Name) JAXA Research and Development Report: Technical Report of The Research Activity for High Energy Materials (2017)(巻) JAXA-RR-17-008(ページ) 27-33(刊行年月日) 2018-01-10
(抄録) 既往の研究よりアンモニウムジニトラミドを基材とし, 燃料2 種と融点降下剤2 種の計4個の組み合わせで液化可能であることが分かっている. NASA-CEA をはじめとする平衡論的計算により比推力や断熱...
(言語) jpn(資料番号) AA1730012005
6. ADN 系高エネルギーイオン液体のキャピラリーチューブ内における消炎 Quenching of ADN-Based Energetic Ionic Liquid in the Capillary Tube
(著者名) 井出, 雄一郎; 高橋, 拓也; 岩井, 啓一郎; ほか
(Author) Ide, Yuichiro; Takahashi, Takuya; Iwai, Keiichiro; et al.
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-17-008
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 高エネルギー物質研究会: 平成29年度研究成果報告書(Journal Name) JAXA Research and Development Report: Technical Report of The Research Activity for High Energy Materials (2017)(巻) JAXA-RR-17-008(ページ) 35-44(刊行年月日) 2018-01-10
(抄録) ヒドラジンに替わる高性能な低毒性推進剤としてアンモニウムジニトラミド系高エネルギーイオン液体推進剤系が(AND系EILP)が研究されている. 本推進剤はADN, モノメチルアミン硝酸塩, 尿素の固体粉...
(言語) jpn(資料番号) AA1730012006
7. アンモニウムジニトラミドを主剤としたイオン液体系ゲル推進剤 Study on gel propellant of ionic liquid system based on ammonium dinitramide
(著者名) 塩田, 謙人; 伊里, 友一朗; 松永, 浩貴; ほか
(Author) Shiota, Kento; Izato, Yuichiro; Matsunaga, Hiroki; et al.
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-17-008
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 高エネルギー物質研究会: 平成29年度研究成果報告書(Journal Name) JAXA Research and Development Report: Technical Report of The Research Activity for High Energy Materials (2017)(巻) JAXA-RR-17-008(ページ) 45-49(刊行年月日) 2018-01-10
(抄録) 我々は, ヒドラジンに替わる液体推進剤として, アンモニウムジニトラミド(ADN)から構成される高エネルギーイオン液体系推進剤(EILPs)に着目している. 一方で、液体推進剤と固体推進薬の特長を有す...
(言語) jpn(資料番号) AA1730012007
8. 蠕動運動型ラバー混合器の分散捏和効率に関する検討 Study of Convective Kneading Efficiency of Peristaltic Rubber Mixer
(著者名) 岩崎, 祥大; 芦垣, 恭太; 松本, 幸太郎; ほか
(Author) Iwasaki, Akihiro; Ashigaki, Kyota; Matsumoto, Kotaro; et al.
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-17-008
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 高エネルギー物質研究会: 平成29年度研究成果報告書(Journal Name) JAXA Research and Development Report: Technical Report of The Research Activity for High Energy Materials (2017)(巻) JAXA-RR-17-008(ページ) 51-56(刊行年月日) 2018-01-10
(抄録) 安全かつ連続的なコンポジット推進薬捏和システムの実現に向け, 我々は蠕動運動型ラバー混合器 (PRM) の実用化に取り組んでいる. PRM は空気圧駆動の人工筋肉という既存の混合器にはない新しいソフト...
(言語) jpn(資料番号) AA1730012008
9. 固体推進薬の捏和へ向けた蠕動運動型混合搬送機Mark. IIIの開発と性能評価 Development and performance evaluation of peristaltic mixing transporter Mark. III for continuous kneading of solid propellant
(著者名) 芦垣, 恭太; 山田, 泰之; 岩崎, 祥大; ほか
(Author) Ashigaki, Kyota; Yamada, Yasuyuki; Iwasaki, Akihiro; et al.
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-17-008
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 高エネルギー物質研究会: 平成29年度研究成果報告書(Journal Name) JAXA Research and Development Report: Technical Report of The Research Activity for High Energy Materials (2017)(巻) JAXA-RR-17-008(ページ) 57-60(刊行年月日) 2018-01-10
(抄録) 我々は固体ロケットモータの低コスト化に向け蠕動運動型混合搬送機による推進薬スラリの連続捏和に取り組んできた. これまでに本装置を用いて捏和した推進薬スラリが従来のプラネタリミキサで捏和した推進薬と同等...
(言語) jpn(資料番号) AA1730012009
10. X 線CT を用いたコンポジット推進薬捏和における充填構造の可視化 Visualization of packing structure in kneading process of composite propellant by using X-ray CT
(著者名) 寺嶋, 寛成; 細見, 直正; 岩崎, 祥大; ほか
(Author) Terashima, Kansei; Hosomi, Naomasa; Iwasaki, Akihiro; et al.
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-17-008
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 高エネルギー物質研究会: 平成29年度研究成果報告書(Journal Name) JAXA Research and Development Report: Technical Report of The Research Activity for High Energy Materials (2017)(巻) JAXA-RR-17-008(ページ) 61-65(刊行年月日) 2018-01-10
(抄録) 蠕動運動型混合器を実用化するには, 装置開発と並行して捏和メカニズムの詳細な解明が不可欠である. しかし, 蠕動運動による捏和メカニズムは様々な分野を通しても解明されていない. 本研究では, X線CT...
(言語) jpn(資料番号) AA1730012010
11. 硝酸グアニジン/塩基性硝酸銅混合物の燃焼挙動に及ぼす組成比および雰囲気ガス種類の影響 Effect of fuel-oxidizer ratio and atmospheric gas on combustion behavior of guanidine nitrate and basic copper nitrate mixture
(著者名) 中島, 美穂; 松永, 浩貴; 東, 英子; ほか
(Author) Nakashima, Miho; Matsunaga, Hiroki; Higashi, Eiko; et al.
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-17-008
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 高エネルギー物質研究会: 平成29年度研究成果報告書(Journal Name) JAXA Research and Development Report: Technical Report of The Research Activity for High Energy Materials (2017)(巻) JAXA-RR-17-008(ページ) 67-72(刊行年月日) 2018-01-10
(抄録) 自動車エアバッグ用ガス発生剤の燃焼ガスに含まれる有害ガス(CO, NH3 およびNOx)を低減させるための基礎的研究として, 硝酸グアニジン(GN)/塩基性硝酸銅(BCN)混合物に対してストランド燃焼...
(言語) jpn(資料番号) AA1730012011
1