JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知

Collection



PDF

DOI LINK

URL LINK

Sort items by

In order

Results/Page

Parent SHI-NO

AA1730023000

Results 1-6 of 6.

1
1. 惑星の位置関係に基づく深発月震分類のための特徴量の検討 Investigation of Orbit Parameters to Classify the Deep Moonquake Sources
(著者名) 加藤, 広大; 山田, 竜平; 山本, 幸生; ほか
(Author) Kato, Kodai; Yamada, Ryuhei; Yamamoto, Yukio; et al.
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-17-009
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 宇宙科学情報解析論文誌: 第7号(Journal Name) JAXA Research and Development Report: Journal of Space Science Informatics Japan: Volume 7(巻) JAXA-RR-17-009(ページ) 43-52(刊行年月日) 2018-03-09
(抄録) 本論文では, 深発月震の発生時刻に基づいた特徴量から, 機械学習を用いて, 震源を分類するのに有効な特徴量の発見を試みる. 月震の解析は, 月の内部構造や月震の発生原因などを解析する上で非常に重要であ...
(言語) jpn(資料番号) AA1730023005
2. 時空間変動データからのホットスポット自動抽出・要約システムの開発 Development of Automatic Extraction and Summarization System for Hot spots in Spatio-Temporal Data
(著者名) 本田, 理恵; 林, 諒
(Author) Honda, Rie; Hayashi, Ryo
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-17-009
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 宇宙科学情報解析論文誌: 第7号(Journal Name) JAXA Research and Development Report: Journal of Space Science Informatics Japan: Volume 7(巻) JAXA-RR-17-009(ページ) 33-42(刊行年月日) 2018-03-09
(抄録) 宇宙, 惑星科学の分野で取得される時空間データには, 周囲とは異なる値を持つ'ホットスポット'に着目すべき問題が現れることが多い. このホットスポット領域をオブジェクトとして自動的に抽出して記載し, ...
(言語) jpn(資料番号) AA1730023004
3. DOI を用いた天文学研究資料の横断的な整理・公開に向けた取り組み: 岡山天体物理観測所を一例として An attempt for cross-cutting organization and publication of astronomical research materials using DOI: A case study of Okayama Astrophysical Observatory
(著者名) 根本, しおみ; 高田, 良宏; 堀井, 洋; ほか
(Author) Nemoto, Shiomi; Takata, Yoshihiro; Horii, Hiroshi; et al.
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-17-009
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 宇宙科学情報解析論文誌: 第7号(Journal Name) JAXA Research and Development Report: Journal of Space Science Informatics Japan: Volume 7(巻) JAXA-RR-17-009(ページ) 9-18(刊行年月日) 2018-03-09
(抄録) 天文学研究資料は機器や乾板, 設計図等多岐にわたっており, 我が国の天文学や自然科学の発展を記録した重要な資料である. また, これら資料群は国内の大学や研究機関に広く保管・収蔵されている. 資料の種...
(言語) jpn(資料番号) AA1730023002
4. 再現と共有を可能とするデータ可視化方法について Reproducible and shareable data visualization method
(著者名) 今井, 弘二; 村山, 泰啓; 海老沢, 研; ほか
(Author) Imai, Koji; Murayama, Yasuhiro; Ebisawa, Ken; et al.
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-17-009
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 宇宙科学情報解析論文誌: 第7号(Journal Name) JAXA Research and Development Report: Journal of Space Science Informatics Japan: Volume 7(巻) JAXA-RR-17-009(ページ) 1-7(刊行年月日) 2018-03-09
(抄録) データが希少であった時代から溢れる時代となり, データマネジメント技術がますます重要視されるようになってきている. 我々は, 地球惑星科学におけるウェブサービス(Cross-Cutting Compa...
(言語) jpn(資料番号) AA1730023001
5. 「はやぶさ2」地球スイングバイに係る見かけの等級の変化推定 Estimation of the Variation of Apparent Magnitude during the Earth Swing-by of 'Hayabusa2'
(著者名) 三浦, 昭; 山本, 幸生; 吉川, 真
(Author) Miura, Akira; Yamamoto, Yukio; Yoshikawa, Makoto
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-17-009
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 宇宙科学情報解析論文誌: 第7号(Journal Name) JAXA Research and Development Report: Journal of Space Science Informatics Japan: Volume 7(巻) JAXA-RR-17-009(ページ) 53-62(刊行年月日) 2018-03-09
(抄録) 2015年12月3日の小惑星探査機「はやぶさ2」地球スイングバイにおいて, 各地点で観測された「はやぶさ2」の見かけの等級の変化は, 各観測地点と「はやぶさ2」との距離のみの簡単な仮定では説明の難しい...
(言語) jpn(資料番号) AA1730023006
6. ビッグデータ太陽系天文学の創成のためのALMAキャリブレーション観測データの悉皆的解析システムの検討と構築 A feasibility study of exhaustive analysis of ALMA calibration data for the creation of big-data driven solar system astronomy
(著者名) 飯野, 孝浩; 並木, 美太郎; 山田, 崇貴
(Author) Iino, Takahiro; Namiki, Mitaro; Yamada, Takayoshi
(内容記述) 形態: カラー図版あり
(文献種別) Technical Report (レポート番号) JAXA-RR-17-009
(刊行物名) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 宇宙科学情報解析論文誌: 第7号(Journal Name) JAXA Research and Development Report: Journal of Space Science Informatics Japan: Volume 7(巻) JAXA-RR-17-009(ページ) 19-32(刊行年月日) 2018-03-09
(抄録) 2011年から科学運用を開始したALMAは, ミリ波・サブミリ波帯域においてこれまでにない高感度・高空間分解能観測を実現する測器であり, 太陽系天体のリモートセンシングにおいてもブレイクスルーをもたら...
(言語) jpn(資料番号) AA1730023003
1