JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知

このアイテムに関連するファイルはありません。

タイトルHIMES飛翔体と再突入実験について
その他のタイトルHIMES flyer and reentry experiment
著者(日)川口 淳一郎; 有翼飛翔体ワーキンググループ
著者(英)Kawaguchi, Junichiro; Winged Aircraft Working Group
著者所属(日)宇宙科学研究所; 宇宙科学研究所
著者所属(英)Institute of Space and Astronautical Science; Institute of Space and Astronautical Science
発行日1989-12-06
発行機関などNational Space Development Agency of Japan (NASDA)
宇宙開発事業団
刊行物名HOPEワークショップ講演集
Proceedings of the HOPE Workshop
開始ページ282
終了ページ287
刊行年月日1989-12-06
言語jpn
抄録In this paper, the study of a winged flyer and its flight test, and HIMES (Highly Maneuverable Experimental Space vehicle) were explained. In developing HIMES, a gliding flight test at low speed, a reentry test, and a guidance/automatic landing flight test were planned. As regards aerodynamics, structure, and control, the basic design was nearly completed, and the analyses of an inertial navigation guidance system and a test model of onboard sensor and processor were finished together with the software development. As regards the propellant system, the development of high pressure expander cycle was started. The verification test using the engine system at low combustion pressure confirmed the design performance. The development work on an air absorbing type engine was started. A low speed gliding flight test was started in 1987 using a helicopter. Data on aerodynamic properties, flight control properties, and guidance properties were obtained. A reentry test using a rocket was scheduled and a landing guidance test was just planned.
この論文では、有翼飛翔体の研究から飛行実験、およびHIMES(高操縦性実験宇宙機)飛翔体について述べた。HIMES開発では、低速における滑空飛行実験、大気圏への再突入実験、誘導・自動着陸飛行実験を設定した。空力・構造・制御については、基本設計の見通しを得ており、慣性航法誘導システムの解析や搭載センサ・プロセッサの試作、ソフトウェアの開発を終了した。推進系では、高圧エキスパンダ・サイクルに着手し、低燃焼内圧下でのエンジン・システムを用いた実証実験の結果、エンジンが所期の性能を有することを確認した。空気吸い込み式エンジンの開発も始まった。低速滑空飛行実験は、ヘリコプタを用いて1987年から行った。空力特性、飛行制御特性、誘導特性についてデータを得た。ロケットを用いた再突入実験は現在行っている。着陸誘導実験はまだ計画段階である。
キーワードHIMES flyer; winged flyer; unmanned flyer; guidance control; flight control; reentry; space transport system; low combustion pressure; landing guidance; air absorbing type engine; inertial navigation guidance; high pressure expander cycle; highly maneuverable experimental space vehicle; aerodynamic property; software development; HIMES飛翔体; 有翼飛翔体; 無人飛翔体; 誘導制御; 飛行制御; 再突入; 宇宙輸送システム; 低燃焼内圧; 着陸誘導; 空気吸い込み式エンジン; 慣性航法誘導; 高圧エキスパンダ・サイクル; 高操縦性実験宇宙機; 空力特性; ソフトウェア開発
資料種別Technical Report
JAXAカテゴリ宇宙開発事業団
SHI-NOAA0028887046
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/32887


このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。